「お茶で山形を美しく。」キャンペーンについて

山形県が行う「やまがた百名山」の環境保全活動を支援する取り組みを実施し、
地域社会の活性化に貢献してまいります。

「やまがた百名山」とは

山形県では、地域の宝である山に光を当て、健康増進とともに、山の魅力を認識し愛着を高め、その魅力を発信し、山岳観光の振興につなげていくことを目的に、県民の皆様の応募を元に「やまがた百名山」を選定しました。

次のいずれかに該当する魅力ある山を、広く一般から募集しました。

  • (1)地元の人々をはじめ、多くの人々が訪れる山
  • (2)地元の生活に密着して大切にされてきた山
  • (3)素晴らしい眺望など、他の人々に紹介したい魅力がある山

延べ応募山数2,774件について、県内の山岳・観光関係者で構成する「やまがた百名山選定委員会」において、平成28年8月に50座、平成29年3月に50座ずつ選定、発表しました。

  • 山形蔵王の樹氷
    山形蔵王の樹氷
  • 山形蔵王のブナ林
    山形蔵王のブナ林

伊藤園は下記の活動を行います。

  • 活動1
    お~いお茶」全飲料製品の売上の一部を、山形県が取り組んでいる「やまがた百名山」の環境保全活動のために寄付させていただきます。
  • 活動2
    山形県内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、「やまがた百名山」の環境保全活動への取り組みについての認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    社員も支援対象となる地域での環境保全活動に参加いたします。

2017年度「お茶で山形を美しく。」キャンペーンの活動報告

活動

お~いお茶」全飲料商品の売上の一部を山形県内の環境保全活動に寄付させていただきました。
〈プログラム期間〉2018年1月22日(月)~3月15日(木)

【活動報告】

寄付金額は下記のとおりとなりました。
皆様のご協力誠にありがとうございました。

寄付金額: 30万円

使用用途:山形県内の環境保全活動

2018年4月10日 山形県副知事 若松 正俊様を訪問し、その活動報告および寄付金の目録を贈呈いたしました。

山形県副知事 若松 正俊	(株)伊藤園 南東北地区営業部長 清宮 正隆

山形県副知事 若松 正俊様(左)
(株) 南東北地区営業部長 清宮 正隆(右)