「お茶で和歌山を美しく。」キャンペーンについて

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」とは

和歌山、三重、奈良の三県にまたがる「紀伊山地の自然」がなければ成立しなかった「山岳霊場」と「参詣道」、及び周囲を取り巻く「文化的景観」が主役であり、世界でも類を見ない資産として価値の高いものとして、2004年7月7日世界遺産に登録されました。「文化的景観」とは「自然と人間の営みが長い時間をかけて形成した風景」のことで、「山々」や「森」、「棚田」等が世界遺産に登録されています。

  •  
  • 熊野古道中辺路
    熊野古道中辺路

【和歌山県世界遺産条例】

世界遺産の意義を国内外に発信し、人類の文化や自然環境の重要性を訴えるための条例を2005年3月に全国で初めて制定しました。

保全活動について

道普請活動の様子
道普請活動の様子

和歌山では、企業・団体等のCSR活動や研修等の一環として、専門家による指導のもと、参詣道の保全活動(道普請・清掃)を推進しています。また、一般の方に参加いただき、世界遺産を良好な状態で引き継ぐ保全活動をしながらトレッキングを行う「参詣道環境保全トレッキング」を実施しています。

一般の方が世界遺産の保全活動に携われる場所はここだけです。

伊藤園は下記の活動を行っております。

  • 活動1
    お~いお茶」全飲料製品の売上の一部を、和歌山県が取り組む世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動のために寄付させていただきます。
  • 活動2
    和歌山県内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動への取り組みについての認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    伊藤園 社員も支援対象となる地域での環境保全活動などに参加いたします。

BACK NUMBER