佐賀 SAGA

「お茶で佐賀を美しく。」キャンペーンについて
佐賀県が行う佐賀県内の森・川・海など自然環境の保全活動を支援する取り組みを実施し、
地域社会の活性化に貢献してまいります。

伊藤園は下記の活動を行います。

  • 活動1
    」全飲料製品の売上の一部を、佐賀県が取り組んでいる佐賀県内の森・川・海など自然環境の保全活動のために寄付させていただきます。
  • 活動2
    佐賀県内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、佐賀県内の森・川・海など自然環境の保全活動への取り組みについての認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    社員も支援対象となる地域での環境保全活動に参加いたします。

特別名勝『虹の松原』について

佐賀県唐津湾沿岸に広がる「虹の松原」は、クロマツを中心に約100万本もの松が約5kmにわたって続き、日本三大松原の中でも最も広大な景観を有し、松原として唯一、国の特別名勝に指定されています。
松原内では、自治体と地域住民組織が協力して、松原内の除草、松葉掻き、広葉樹の芽掻きなどの清掃・美化活動など、「白砂青松」の美しい景観を維持・保全する活動を継続的に行っています。
  • 虹の松原

    虹の松原

豊饒(ほうじょう)の海『有明海』について

「有明海」は、広大な干潟が広がり、ムツゴロウなど貴重で多様な生物が生息しています。また、最大6mもの干満差を利用し、日本一の海苔漁場を形成するなど漁業資源豊かな“宝の海”です。
しかし、近年は、浮泥の堆積、赤潮の発生、河川などからのごみの流入などにより海域環境の悪化が問題となり、二枚貝類などの漁業資源が著しく減少しています。
「有明海」を元の“豊かな海”として再生させるために、行政の取り組みのほか、漁業者や流域住民による海岸や川などの清掃活動、漁業者と森林ボランティアなどの連携による植樹活動など山、川、平野、海にわたり有明海流域全体で環境保全活動を行っています。

2020年度
「お茶で佐賀を美しく。」
キャンペーンの活動報告

  • 活動

    」全飲料商品の売上の一部を佐賀県内の森・川・海など自然環境の保全活動に寄付させていただきました。

    〈プログラム期間〉令和3(’21)年3月15日(月)~4月30日(金)

    【活動報告】

    寄付金額は下記のとおりとなりました。皆様のご協力、誠にありがとうございました。

    寄付金額: 25万円