「お茶で青森を美しく。」キャンペーンについて

「世界遺産 白神山地」とは・・・

白神山地
 

白神山地は、青森県南西部から秋田県北西部にまたがる130,000haに及ぶ広大な山地帯の総称です。このうち原生的なブナ林で占められている区域16,971haが1993年12月に我が国初の世界自然遺産として登録されました。白神山地の特徴は、人為の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が東アジア最大級の規模で分布していることにあります。特に世界遺産地域は、最も良く原生状態が保たれており、その価値は、地球的に見ても極めて重要であると評価されています。ブナ林は、動物の餌となる植物が多く、他の森林に比較して豊富な動物が生息しているほか、水源涵養機能や地表侵食防止機能なども高いのが特徴です。このような多面的な機能や美しさは、近年日本でも高く評価されるようになっています。

【青森県が進める主な環境保全・整備活動】

  • 白神資源を活用した体験プログラムの充実・発信
    ・周辺自治体や事業者との連携により、白神の魅力・楽しさを発信
  • 「白神山地ビジターセンター」の設置
    ・白神山地の魅力や情報の発信、自然ふれあい活動の推進
  • 多言語対応のウェブサイトの構築
    ・インバウンド需要の取り込み、交流人口の拡大と地域の活性化

伊藤園は下記の活動を行っております。

  • 活動1
    お~いお茶」全飲料製品の売上の一部を、青森県が取り組んでいる世界遺産「白神山地」の環境保全・整備活動のために寄付させていただきます。
  • 活動2
    青森県内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、世界遺産「白神山地」の環境保全活動への取り組みについての認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    伊藤園 社員も支援対象となる地域での環境保全活動に参加いたします。

BACK NUMBER