香川 KAGAWA

「お茶で香川を美しく。」キャンペーンについて
香川県が行う四国遍路の世界遺産登録推進活動を支援する取り組みを実施し、
地域社会の活性化に貢献してまいります。

伊藤園は下記の活動を行います。

  • 活動1
    」全飲料製品の売上の一部を、香川県が取り組んでいる四国遍路の世界遺産登録推進活動のために寄付させていただきます。
  • 活動2
    香川県内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、四国遍路の世界遺産登録推進活動への取り組みについての認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    社員も支援対象となる地域での環境保全活動に参加いたします。

『四国八十八箇所霊場と遍路道』について

四国遍路は、徳島県・高知県・愛媛県・香川県の4県からなる四国を全周して、空海ゆかりの88箇所の札所霊場を巡る全長1,400kmに及ぶ壮大な霊場巡拝です。遍路の基となる「思想・信仰」と実践する「場」、それを支える「地域」の3者一体となったものが四国遍路文化であり、遍路の主体が僧侶等から庶民へと広がり、千年を超えて継承されてきました。四国遍路は現在、歩き遍路の他、様々な交通機関を利用して年間15万人もの人々が宗教や宗派を超え、それぞれの思いを込めて巡拝する生きた文化遺産です。
  • 『四国八十八箇所霊場と遍路道』について

『四国八十八箇所霊場と遍路道』世界遺産登録推進協議会について

「『 四国八十八箇所霊場と遍路道』世界遺産登録推進協議会」は、四国の産官学民が連携して世界遺産登録を目指す組織として平成22年3月16日に発足。構成員は現在、四国4県と58市町村、大学、非営利組織(NPO)、経済団体など計95団体で、会長は四国経済連合会 会長千葉昭氏が、副会長は4県知事です。
協議会では、世界遺産登録に向けての課題を解決するために普遍的価値の証明、資産の保護措置、受入態勢の整備、普及啓発の4つの部会を設け活動しています。

2020年度
「お茶で香川を美しく。」
キャンペーンの活動報告

  • 活動

    」全飲料商品の売上の一部を四国遍路の世界遺産登録推進活動に寄付させていただきました。

    〈プログラム期間〉令和3(’21)年3月15日(月)~4月30日(金)

    【活動報告】

    寄付金額は下記のとおりとなりました。皆様のご協力、誠にありがとうございました。

    寄付金額: 20万円
    日付:7月27日(火)