埼玉 SAITAMA

「お茶で埼玉を美しく。」キャンペーンについて
埼玉県が取り組む「埼玉県の緑地保全活動」を支援し、
地域社会の活性化に貢献してまいります。

伊藤園は下記の活動を行います。

  • 活動1
    」全飲料製品の売上の一部を、埼玉県が取り組む「埼玉県の緑地保全活動」のために寄付させていただきます。
  • 活動2
    埼玉県内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、埼玉県が取り組む「埼玉県の緑地保全活動」についての認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    社員も支援対象となる地域での環境保全活動に参加いたします。

「さいたま緑のトラスト運動」について

「さいたま緑のトラスト運動」は、ふるさと埼玉の優れた自然及び貴重な歴史的環境を、県民の皆様からの寄付により取得し、埼玉県民共有の財産として末永く保全する運動です。これまで市町村と協力して、14か所の緑のトラスト保全地を取得しています。平成30年4月に第14号地がオープンしました。

【現在までに取得した主なトラスト保全地】

1号地/見沼田圃(みぬまたんぼ)周辺斜面林(さいたま市緑区)

この斜面林は、県南地域に残された貴重な自然であり、埼玉県の原風景の一つともいえるものです。この区域の約300mにわたる用水路は、両岸や底をコンクリートにせず江戸時代そのままの状態です。
  • 1号地/見沼田圃(みぬまたんぼ)周辺斜面林(さいたま市緑区)

3号地/武蔵嵐山(むさしらんざん)渓谷周辺樹林地(嵐山町)

大平山の斜面とそれに続く緩やかな斜 面で、槻川の流れと一体となって、すばらしい景観をつくり出しており、埼玉を代表する景勝地の一つです。「嵐山渓谷」の地名は、本多静六林学博士が京都の嵐山にちなんで命名し、嵐山町町名発祥の地でもあります。
  • 3号地/武蔵嵐山(むさしらんざん)渓谷周辺樹林地(嵐山町)

14号地/藤久保(ふじくぼ)の平地林(三芳町)

川越街道に近く、周辺開発が進んでいる中で残されたコナラ・クヌギを中心とする大規模平地林です。江戸時代初期に川越藩主 松平信綱が川越街道を整備する際に開拓・植林され、現在まで落葉堆肥を使った循環型農法が行われてきました。
  • 14号地/藤久保(ふじくぼ)の平地林(三芳町)

2020年度
「お茶で埼玉を美しく。」
キャンペーンの活動報告

  • 活動

    」全飲料商品の売上の一部を埼玉県が取り組む「埼玉県の緑地保全活動」に寄付させていただきました。

    〈プログラム期間〉令和3(’21)年3月15日(月)~4月30日(金)

    【活動報告】

    寄付金額は下記のとおりとなりました。皆様のご協力、誠にありがとうございました。

    寄付金額: 80万円
    日付:8月23日(月)

2021年度
「お茶で埼玉を美しく。」
キャンペーンの活動報告

  • 活動

    」全飲料商品の売上の一部を埼玉県が取り組む「埼玉県の緑地保全活動」に寄付させていただきました。

    〈プログラム期間〉令和3(’21)年8月23日(月)~10月3日(日)

    【活動報告】

    寄付金額は下記のとおりとなりました。皆様のご協力、誠にありがとうございました。

    寄付金額: 65万円