「お茶で福岡を美しく。」キャンペーンについて

支援の対象について 英彦山(ひこさん)をはじめとする福岡県内の生物多様性重要地域において行われる保全活動

福岡県内には、多様な生物が生息・生育している生物多様性の保全上重要な地域が各地に見られます。例えば、耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園の英彦山は、県内を代表する重要地域です。
しかし、最近、増えすぎたシカによる食害で、植生が深刻な影響を受け、生物多様性が著しく低下しています。
また、農村地帯にみられる里地里山(さとちさとやま)も重要地域の一つです。雑木林や田畑、ため池、用水路など多様な自然的要素と、適度な人の管理により育まれた里地里山の自然は、日本に特徴的なものであり、現在、絶滅危惧種の5割が里地里山に生息しているともいわれています。
しかし、耕作放棄地にみられるように、人の営みが低下したために里地里山の生物多様性も低下しています。これらの地域において、生物多様性の保全を図る活動の支援を今後行っていきます。

  • 太宰府政庁跡
    太宰府政庁跡
  • 童男山の茶畑
    童男山の茶畑
  • 英彦山
    英彦山
  • 手光ビオトープ
    手光ビオトープ

伊藤園は下記の活動を行っております。

  • 活動1
    お~いお茶」全飲料製品の売上の一部を、福岡県を通じて「県内の貴重な自然環境の保全活動」に寄付させていただきます。
  • 活動2
    福岡県内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、「県内の自然環境と生物多様性の保全」についての認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    伊藤園 社員も支援対象となる地域での環境保全活動などに参加いたします。