「お茶で新潟を美しく。」キャンペーンについて

「金を中心とする佐渡鉱山の遺跡群」の世界遺産登録活動について

佐渡は日本最大の離島であり、古来「金の島」と呼ばれてきました。この島には、確認されているだけで約50もの鉱山が分布しています。その中でも、主なものが「西三川砂金山」、「鶴子銀山」、「相川金銀山」です。16世紀以降、順次開発された、これら3つの遺跡は時代とともに移り変わってきた鉱山技術の変遷を示す重要な遺跡です。
平安時代の記録によると、11世紀頃には砂金が採れる島として知られていたようです。佐渡は1989年の操業休止までに、記録されているだけでも78トンの金と2,300トンの銀を産出しました。佐渡金銀山遺跡は、2010年11月22日、日本の世界遺産暫定リストに「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」として記載されました。

【「金を中心とする佐渡鉱山の遺跡群」の世界遺産としての価値】

  • 400年以上の長期にわたる各時代の鉱山遺跡・鉱山町が良く残されており、金生産の発展の歴史を限られたエリアの中で目の当たりにできる世界で唯一の鉱山です。
  • 佐渡で産出された金は、長期間にわたり国の財政を支え続けました。
  • 金生産について記した鉱山絵巻をはじめとする豊富な記録類は、世界的に見ても希少なものです。
  • 道遊の割戸
    道遊の割戸
  • 道遊坑
    道遊坑
  • 大立竪坑
    大立竪坑

    撮影:西山 芳一

伊藤園は下記の活動を行っております。

  • 活動1
    お~いお茶」全飲料製品の売上の一部を、新潟県が取り組む「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」の世界遺産登録活動に寄付させていただきます。
  • 活動2
    新潟県内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」の世界遺産登録活動についての認知・理解促進と、取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    伊藤園 社員も支援対象となる地域での環境保全活動に参加いたします。