宮崎 MIYAZAKI

「お茶で宮崎を美しく。」キャンペーンについて
宮崎県が行う宮崎の森の自然環境保全活動を支援する取り組みを実施し、
地域社会の活性化に貢献してまいります。

伊藤園は下記の活動を行います。

  • 活動1
    」全飲料製品の売上の一部を、宮崎県が取り組んでいる宮崎の森の自然環境保全活動のために寄付させていただきます。
  • 活動2
    宮崎県内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、宮崎の森の自然環境保全活動への取り組みについての認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    社員も支援対象となる地域での環境保全活動に参加いたします。

日豊海岸・日豊海岸国定公園について

日豊海岸は、大分佐賀関から日向美々津まで白砂青松が広がる典型的なリアス海岸で、磯釣り、海水浴の好適地が多い地域です。
沿岸全域でアカウミガメをはじめとする野生生物の生息・生育・産卵が見られるほか、天然記念物の樹林帯等が分布するなど、豊かな自然環境と海岸景観に恵まれています。ほとんどの地域が日豊海岸国定公園に指定され、園内にある伊勢ヶ浜・お倉ヶ浜は、「日本の白砂青松百選」に選ばれています。


太平洋に面し、地震や台風等の厳しい自然条件にさらされている沿岸地域。防災面で海岸保全施設の整備水準が未だ十分でないところもあり、侵食の進行している海岸や内湾・入江など一部の地域では高潮・越波の被害が発生しています。また、県中部を中心として様々な要因により砂浜の侵食が進行しており、アカウミガメ等の希少な生物への影響が懸念されています。安心・安全な地域社会の実現のため、津波、高潮への対応について万全を期す必要があります。加えて、希少生物の生息・生育する海岸環境を保全するための海岸利用のルールづくりなど、様々な課題も出てきています。
  • 木崎浜の清掃

    木崎浜の清掃

  • 白砂青松の森林保護

    白砂青松の森林保護

海岸保全の方向性

人にとっても、自然にとっても、安全・安心・快適・豊かな環境が守られ、人と人、人と自然、自然と自然が集い来て『驚き・潤い・癒し・学び・喜び』を共有できる、くつろぎ・活力の交流空間としての日向(ひむか)の海岸づくり

2020年度
「お茶で宮崎を美しく。」
キャンペーンの活動報告

  • 活動1

    」全飲料商品の売上の一部を「日豊海岸」の自然環境保全活動に寄付させていただきました。

    〈プログラム期間〉令和3(’21)年3月15日(月)~4月30日(金)

    【活動報告】

    寄付金額は下記のとおりとなりました。皆様のご協力、誠にありがとうございました。

    寄付金額: 25万円
    日付:8月5日(木)

2021年度
「お茶で宮崎を美しく。」
キャンペーンの活動報告

  • 活動1

    」全飲料商品の売上の一部を宮崎の森の自然環境保全活動に寄付させていただきました。

    〈プログラム期間〉令和3(’21)年8月23日(月)~10月3日(日)

    【活動報告】

    寄付金額は下記のとおりとなりました。皆様のご協力、誠にありがとうございました。

    寄付金額: 25万円