「お茶で京都を美しく。」キャンペーンについて

『文化財を守り伝える京都府基金』とは

京都府では、国民的財産ともいえる府内の貴重な文化財を守り伝えるため、ふるさと寄付金制度を活用した「文化財を守り伝える京都府基金」を設置し、皆様に広く寄付をお願いしています。
いただいた寄付は全て、歴史的建造物などの保存修理、防災対策など文化財保護のために使用されます。
どの事業に助成するかは、緊急性や必要性を考慮し、学識経験者による専門家会議の意見をお聞きした上で選定しています。
平成28年度は9件の文化財保護事業に助成を行いました。

  • 上賀茂神社細殿
    上賀茂神社細殿
  • 東寺
    東寺

伊藤園は下記の活動を行っております。

  • 活動1
    お~いお茶」全飲料製品の売上の一部を、京都府の「文化財を守り伝える京都府基金」を通じて、大切な文化財の保護に寄付させていただきます。
  • 活動2
    京都府内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、「京都府の大切な文化財を守り伝えることの大切さ」についての認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    伊藤園 社員も支援対象となる地域での環境保全活動などに参加いたします。