「お茶で四国を美しく。」キャンペーンについて

「徳島県の森林」について 

森林は、県土の保全や水源のかん養、二酸化炭素の吸収などの様々な機能を有しており、私たちの生活に多くの恵みをもたらしています。
徳島県は県土の76%を森林が占める全国でも有数の森林県でありますが、森林の8割以上を占める、個人や企業が所有する「私有林」では、所有者の高齢化や不在村化、木材価格の低迷などから、自ら手入れをするのが難しい森林が増加し、適切な管理が困難になっています。
豊かな森林を次世代へ引き継ぐためには、こうした森林の整備を行っていく必要があります。

「とくしま協働の森づくり事業」とは

企業・団体、県、(公社)徳島森林(もり)づくり推進機構の3者が「パートナーシップ協定」を締結し、共に協力して手入れの遅れた森林等の整備を進め、地球温暖化防止のための森林吸収源対策に取り組む事業です。
これまで、133の企業・団体にご参加いただいています。

森づくり交流イベント「協働の森へ行こう」の開催

「とくしま協働の森づくり事業」の参加企業・団体が一堂に会し、植樹や間伐などの森づくり活動や木工クラフト・丸太切り体験など、大人から子どもまで自然に親しみながら楽しめる交流イベント「協働の森へ行こう」を毎年開催しています。

伊藤園は下記の活動を行っております。

  • 活動1
    お~いお茶」全飲料製品の売上の一部を、豊かな森林を守り育てるため、徳島県が取り組む「とくしま協働の森づくり事業」に寄付させていただきます。
    2018年3月15日(木)をもって終了いたしました。
  • 活動2
    徳島県内で本キャンペーンについて広く訴求を行い、「とくしま協働の森づくり事業」の認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    伊藤園 社員も徳島県が取り組む「とくしま協働の森づくり事業」の環境活動に参加いたします。