「お茶で信州を美しく。」キャンペーンについて

霧ヶ峰について

霧ヶ峰は、八ヶ岳中信高原国定公園の中央に位置し、標高1,500mから1,900mの高原で、人との深い関わりにより形作られた草原が広がっています。霧ヶ峰はこの草原や、天然記念物の湿原、原生的な樹林が組み合わさって独自の生態系や自然景観を形成しています。

保全のための近年の取り組み

霧ヶ峰はその自然や歴史・文化の両面で高い価値を有していますが、近年は外来植物の繁茂やシカによる高山植物の食害など、様々な課題に直面しています。
この美しい自然環境とそれらを彩る豊かな生き物が生息できる環境を後世に残すため、地域では様々な環境保全活動に取り組んでいます。

  • 外来植物の抜き取り作業
    外来植物の抜き取り作業
  • 高山植物をシカから守る電気柵の設置
    高山植物をシカから
    守る電気柵の設置

伊藤園は下記の活動を行っております。

  • 活動1
    お~いお茶」全飲料製品の売上の一部を、長野県を通じて「信州の貴重な自然環境の保全活動」に寄付させていただきます。
  • 活動2
    長野県内で本キャンペーンについての訴求を広く行い、「信州の自然環境と生物多様性の保全活動」についての認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    伊藤園 社員も支援対象となる地域での環境保全活動に参加いたします。