持続可能なサプライ
チェーンへの貢献

持続可能な
サプライチェーンへの貢献

サプライヤーとの持続的なパートナーシップにより、社会・環境課題の解決と双方の持続的な収益の両立を実現します。

関連する方針

取組みテーマと主な指標(KPI)

持続可能なサプライチェーンの構築

  • 品質会議実施回数
    2026年度 7回(年間)
  • 供給者評価の実施

貢献するSDGsとターゲット

持続可能なサプライチェーンの構築

サプライチェーンマネジメント

伊藤園グループは、「伊藤園グループ人権方針」「伊藤園グループサプライヤー基本方針」「伊藤園グループ調達方針」「伊藤園グループ品質方針」を策定し、これらの方針に基づき、製造委託先を含め関係者と協働で、社会・環境の両面に配慮した供給体制の確立に努めています。

品質・安全・安心の追求、法令遵守、公正な調達、人権・労働や環境への配慮など、さまざまな課題に対応するため、調査票による定期的な評価の実施や取引先会議にて優良事例等の共有化を図り、サプライチェーン全体での改善活動に取組んでいます。新規取引にあたっては、当社が定める方針や基準等の説明を行い、必要に応じて現地監査を行って活動状況の確認を実施しています。
品質管理においては、安全で信頼性を有する製品の提供、法令などの遵守、国際標準を活用した製品の安全性の確保に努めています。国内のドリンク・リーフ製造工場において、品質管理・品質保証規格ISO9001や食品安全規格FSSC22000などの国際認証を取得し、関連規則やガイドラインなどに沿った品質管理体制を構築・運用しています。製品は伊藤園の品質管理基準を満たした工場で製造し、定期的な工場監査やサプライヤーとの品質会議を行うことにより、安全・安心な製品づくりを徹底しています。
物流面でも、お客様に安全・安心な製品を持続的にお届けするため、「ホワイト物流」を推進しています。各委託先企業に対し、伊藤園が定める輸送・保管などに関する項目について定期的に監査票による評価を実施し、取引先会議にて情報を共有することで、社会・環境課題に配慮した効率的な物流体制の構築に共同で取組んでいます。
伊藤園グループは、原料調達から製造・物流工程を通して安全・安心を徹底し、委託先企業と協働で持続可能なサプライチェーンマネジメントを構築しています。

人権尊重の取組み

サプライヤーとの
コミュニケーション

製造委託先、原料調達先、資材メーカー等のサプライヤーとの情報の共有や意見交換、今後の方針の確認などのコミュニケーションを通じて、パートナーシップの強化とサプライチェーン全体でのサステナビリティ強化を目指しています。

サプライヤーとは品質会議を定期的に行い、品質の向上や安全・安心な製品づくりの徹底に取組んでいます。また、当社グループのマテリアリティや「伊藤園グループ人権方針」「伊藤園グループサプライヤー基本方針」などの関連方針を通じて、気候変動、水資源などの環境課題や人権、労働安全衛生などの社会課題について説明し、課題対応の好事例等を共有しています。あわせて、環境および人権の項目を取り入れた供給者調査の実施や、委託先製造工場付近の水源地保全活動など、社会・環境課題解決へ共同で取組んでいます。

写真:品質会議の様子

水源地の保全活動