サステナビリティ

トップメッセージ

徹底した「品質」と「健康」へのこだわり、
そして社会的責任の遂行、
それが伊藤園グループの成長の原動力です。

私たちは、伊藤園グループでしか成し得ないことを目指しています。それが、「世界のティーカンパニー」として、世界各国のお客様の「健康」に貢献し、 一人ひとりの豊かな生活を支える企業となることです。これからもお茶を通じて、世界各国の方々へ「健康」に資する豊かな生活を提案する「健康創造企業」を目指し、 歩みを進めてまいります。

詳しく見る

株式会社伊藤園 代表取締役社長 執行役員 本庄大介

基本的な考え方

持続可能な社会・環境の実現に向けて

伊藤園グループは、経営理念「お客様第一主義」に基づき、ステークホルダーの皆様の信頼を得ることを重視しています。世界の持続可能な社会・環境の目標であるSDGs(持続可能な開発目標)の内容も踏まえて、本業を通じた国際規格ISO26000の7つの原則および7つの中核主題への取り組みを経営に組み込んでいます。
「世界のティーカンパニー」を目指し、国内および世界で新たな食文化の創造と生活提案を行い、社会の課題解決と伊藤園グループの成長を両立させる「共有価値の創造(CSV)」により、持続可能な社会・環境の実現に貢献します。

詳しく見る

サステナビリティ重要課題

伊藤園グループは、2012年4月にCSR経営推進のため、国際規格ISO26000を羅針盤とし、これに則した中核主題として、組織統治、人権、労働慣行、環境、公正な事業慣行、消費者課題、コミュニティへの参画およびコミュニティの発展の7つを推進テーマに設定しました。この中でも、「消費者課題」「コミュニティ・社会」「地球環境」を重要課題と位置付けています。

活動・取り組み

お茶を通じた取り組み

文化継承・啓発活動

環境保全・整備活動

社外活動・社会貢献

評価と対話

データ集