マテリアリティ

伊藤園グループが2022年6月に策定した中長期経営計画(2023年4月期~2027年4月期)に合わせ、外部環境の変化に対応するためマテリアリティの見直しを行いました。その結果、「食生活と健康への貢献」「持続可能な国内農業への貢献」「環境」「地域社会・コミュニティとのつながりの深化」「持続可能なサプライチェーンへの貢献」「多様な人財と全員活躍の推進」「コーポレート・ガバナンス」の7つのマテリアリティを新たに特定しました。中長期経営計画と相互に連動させながら、取組みを進めています。

マテリアリティのイメージ図

マテリアリティの
特定プロセス

  1. 社会課題の抽出
    変化する外部環境と社会からの要請や期待、お客様の重要課題等の視点から、国際的な情報開示基準、ESG評価項目、SDGsなどを参照し、社会課題を抽出しました。
    ※参照した情報開示基準等:GRIスタンダード/SASBスタンダード/ESG評価(FTSE、MSCI)/SDGs/ISO26000
  2. 重要度評価
    中長期的な時間軸の中で社会課題の解決や共有価値の創造を通じて、伊藤園グループが収益力を確保しながら持続的に成長し、お客様に必要とされる唯一無二の企業となるために取組むべきマテリアリティを特定するため、ダブルマテリアリティを採用しました。抽出した社会課題を、社会と企業の双方向からの重要性の視点でマッピングし、マテリアリティ候補として整理しました。

    参考:重要課題の評価マップ

    重要課題の評価マップ

    図を拡大する

  3. ステークホルダーとの対話
    抽出したマテリアリティ候補を元に、伊藤園グループに対する期待や要請、重点的に取組むべき課題について、外部有識者、投資家、社内外の役員などへのアンケート調査等を実施しました。さらに、経営陣と外部有識者によるステークホルダーダイアログを行い、ご意見をいただきました。
  4. マテリアリティの特定
    1~3のプロセスを経て、取締役会において新・中長期経営計画と併せて審議を行い、経営課題として取り組む領域として7つのマテリアリティと取組みテーマを特定しました。
    今後、各テーマで評価指標(KPI)を設定し、PDCAで管理・評価を行い、定期的に見直しをしていく予定です。

7つのマテリアリティと指標(KPI)

7つのマテリアリティと指標(KPI)PDF