「お茶で富山を美しく。」キャンペーンについて

富山湾について

雨晴海岸から望む立山連峰
雨晴海岸から望む立山連峰

富山湾は、海越しに立山連峰を望む世界でも稀な景観や県民総参加の環境保全の取組み等が高く評価され、2014年10月、ユネスコが支援する「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟が認められました。標高3,000m級の立山連峰と水深1,000mの富山湾による「高低差4,000m」のダイナミックな地形の海底には、海の青さが一段と濃く見えることから「藍瓶(あいがめ)」と呼ばれる海底谷があり、ベニズワイガニやシロエビなどの良い棲みかになっています。
しかも地形が急峻なため、漁場から港までが近く、まさに生け簀から魚をすくうがごとく鮮度が落ちる間もなく市場へ出荷されます。

富山湾の海岸漂着物対策

海岸一斉清掃
海岸一斉清掃

本年5月のG7富山環境大臣会合や10月の富山マラソンなど、北陸新幹線の開業以来、国内外からたくさんの方々が富山県を訪問されています。こうした方々に、富山湾の美しさに触れ、豊かな海の幸を味わい、「また富山に来たい」と思っていただけるよう、「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟を果たした富山湾の魅力を、さらに磨き上げていくことが大切です。
富山県では、ごみのないきれいな海岸を実現するため、発生抑制として河川の上流域から海岸までの広い範囲で清掃活動を進めるとともに、海岸に漂着するレジ袋やトレイ、ペットボトルなどのごみを市町村等の協力を得て回収するなど、富山湾の環境保全活動を積極的に推進しています。

2016年度「お茶で富山を美しく。」キャンペーンの活動報告

活動1

お~いお茶」全飲料商品の売上の一部を富山県が取り組んでいる「富山湾」の環境保全活動に寄付させていただきました。
〈プログラム期間〉平成28('16)年11月1日(火) ~ 12月31日(土)

【活動報告】

寄付金額は下記のとおりとなりました。
皆様のご協力誠にありがとうございました。

寄付金額: 30万円

使用用途:「富山湾」の環境保全活動

2017年4月26日 富山県副知事 山崎 康至様を訪問し、その活動報告および寄付金の目録を贈呈いたしました。

富山県副知事 山崎 康至様	(株)伊藤園 中部地域営業本部長 吉田 秀樹

富山県副知事 山崎 康至様
(株)伊藤園 中部地域営業本部長 吉田 秀樹

活動2

伊藤園社員も環境活動に参加いたしました。

<富山湾 湾岸周辺の清掃活動> 2016年10月16日(日)実施