「お茶で鳥取を美しく。」キャンペーンについて

山陰海岸ジオパークについて

山陰海岸国立公園を中心に、京丹後市の東端から鳥取市の西端まで東西120㎞にわたる広大なエリアです。最大の特徴は、約2,500万年前にさかのぼる日本海形成に関わる火成岩類や地層、日本海の海面変動や地殻変動によって形成されたリアス海岸や砂丘をはじめとする多彩な海岸地形など、貴重な地形・地質遺産を数多く観察できることです。エリア内は古くから人々の生活の場となっており、多彩な自然を背景とした人々の文化・歴史を学ぶこともできます。このような特徴を活かし、地域のジオツーリズム※を通じた自然遺産の保全と地域活性化につながる活動を展開しています。

※地形や地質を楽しむ事を目的とする観光旅行。

【ジオパークとは】

地球や大地という意味の接頭語「ジオ(geo)」に由来し、科学的に見て重要な地質遺産や、美しい景観をもつ自然公園です。地質や地形は、地球の歴史を物語っているだけでなく、人の暮らしや文化に直接結びついています。
ジオパークではこの「大地の営み」をひとつの遺産として学び、楽しむことができます。

  • 鳥取砂丘周辺
  • 富浦海岸周辺
  • 鳥取市西周辺

2016年度「お茶で鳥取を美しく。」キャンペーンの活動報告

活動1

お~いお茶」全飲料商品の売上の一部を鳥取県が取り組んでいる「鳥取砂丘・浦富海岸」などの山陰海岸ジオパークの環境保全活動に寄付させていただきました。
〈プログラム期間〉平成28('16)年11月1日(火) ~ 12月31日(土)

【活動報告】

寄付金額は下記のとおりとなりました。
皆様のご協力誠にありがとうございました。

寄付金額: 30万円

使用用途:「鳥取砂丘・浦富海岸」などの山陰海岸ジオパークの環境保全活動

2017年4月14日 鳥取県副知事 林 昭男様を訪問し、その活動報告および寄付金の目録を贈呈いたしました。

鳥取県副知事 林 昭男様	(株)伊藤園 中四国・九州地域営業本部長 斉藤 武志

鳥取県副知事 林 昭男様
(株)伊藤園 中四国・九州地域営業本部長 斉藤 武志

活動2

伊藤園社員も環境活動に参加いたしました。

<ジオパーク 浦富海岸清掃活動> 2016年11月6日(日)実施

BACK NUMBER