「お茶で四国を美しく。」キャンペーンについて

愛媛県が取り組む「自転車新文化の推進」について

愛媛県には、日本で唯一海峡を自転車で渡ることができる「瀬戸内しまなみ海道」をはじめ、西日本最高峰の石鎚山のヒルクライムコース、左右眼下に瀬戸内海と宇和海を一望できる「佐田岬メロディーライン」など、風光明媚なサイクリングスポットが数多くあります。
このため、本県では、サイクリングで観光振興や地域活性化を目指しており、さまざまな施策を積極的に展開するとともに、自転車を通勤、通学、買い物などの単なる移動手段だけではなく、私たちに「健康」「生きがい」「友情」をプレゼントしてくれるツールとして、スポーツやレジャーでの活用を楽しむ「自転車新文化」を広く全国に発信しているところです。

瀬戸内しまなみ海道を舞台にした国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ」の開催や、愛媛マルゴト自転車道サイクリングコース(28コース)を設定し、サイクリストを目的地へ導くブルーラインの敷設をはじめ、空気入れやトイレ、ベンチ等を備えた休憩施設であるサイクルオアシスの拡充、列車に自転車をそのまま持ち込めるサイクルトレインの運行など、安全で快適な走行環境の充実に努めているところです。
また、県内の全ての自治体で自転車関連イベントを一斉に開催する「愛媛サイクリングの日(原則11月の第2日曜日に設定)」の創設や、潜在需要の高い女性をターゲットにした「自転車新文化」の浸透・拡大など、「サイクリングパラダイス愛媛」の実現に取り組んでいます。

伊藤園は下記の活動を行っております。

  • 活動1
    お~いお茶」全飲料製品の売上の一部を、愛媛県が取り組む「自転車新文化の普及活動」に寄付させていただきます。
  • 活動2
    愛媛県内で本キャンペーンについて広く訴求を行い、「自転車新文化の普及活動」の認知・理解促進と取り組み支援への賛同を募ります。
  • 活動3
    伊藤園 社員が「自転車新文化の普及活動」の支援活動に参加いたします。