「お茶で京都を美しく。」キャンペーンについて

『文化財を守り伝える京都府基金』とは

京都府では、国民的財産ともいえる京都府内の貴重な文化財を守り伝えるため、ふるさと寄付金制度を活用した全国唯一の取り組みになる「文化財を守り伝える京都府基金」を平成20年7月に創設しました。この基金等を活用して、貴重な京都府内の国や京都府の指定等文化財及び未指定の歴史的建造物などの保存修理、防災対策等に対して、その事業の緊急性や必要性などを考慮するとともに、学識経験者の意見をお聞きして、平成27年度に23件の保存・修理等の事業へ助成しました。また、京都府ホームページ上で「文化財保護のこころを育む事業」を公募し、文化財保護の普及啓発に役立つ事業を2件助成しました。

  • 上賀茂神社細殿
    上賀茂神社細殿
  • 東寺
    東寺

2016年度「お茶で京都を美しく。」キャンペーンの活動報告

活動1

お~いお茶」全飲料商品の売上の一部を京都府が取り組んでいる「京都府内の文化財」保全活動に寄付させていただきました。
〈プログラム期間〉平成28('16)年11月1日(火) ~ 12月31日(土)

【活動報告】

寄付金額は下記のとおりとなりました。
皆様のご協力誠にありがとうございました。

寄付金額: 40万円

使用用途:「京都府内の文化財」保全活動

2016年3月28日 京都府文化スポーツ部部長 森下 徹様を訪問し、その活動報告および寄付金の目録を贈呈いたしました。

京都府文化スポーツ部部長 森下 徹様 (株)伊藤園 関西地域営業本部長 岡野 浩也 (株)伊藤園 北近畿地区部長 村木 則夫

京都府文化スポーツ部部長 森下 徹 様
(株)伊藤園 関西地域営業本部長 岡野 浩也
(株)伊藤園 北近畿地区部長 村木 則夫

活動2

伊藤園社員も環境活動に参加いたしました。

<北野天満宮清掃活動> 2016年11月16日(水)実施