「お茶で熊本を美しく。」キャンペーンについて

熊本県「阿蘇」について

阿蘇
阿蘇

「阿蘇」は活発な火山活動の結果により形成された、広大なカルデラ及びその周辺に7万人もの人々の暮らしが営まれている、世界にも類を見ない地域です。
熊本県は阿蘇郡市7市町村とともに、古来から自然と人々の力で維持されてきた日本一広大な草原や、そこに営まれてきた阿蘇独自の文化について、世界にも例のない「自然と人間との共同作品」として、世界文化遺産への登録を目指します。

阿蘇の熊本地震復興に向けて

草原の亀裂被害
草原の亀裂被害

2016年4月に発生した熊本地震により、阿蘇では原野の土砂崩れ、崩壊、亀裂、水源の枯渇など、甚大な被害に見舞われており、中には道路が寸断されて牧野まで行けないところもありました。もちろん、ご自宅や集落の被害もあり、避難生活を余儀なくされている方も多くいらっしゃいます。阿蘇の熊本地震からの復興支援として積極的かつ継続的に取組んでまいります。

阿蘇の草原景観保全に向けて

野焼き
野焼き

阿蘇の草原景観は、牧野組合などの地域住民が行う「野焼き」によって、維持・管理・保全が行われています。野焼きを行うことで枯れ草を除去し、森林への遷移を抑えることで、草原景観とそこに育まれる独特の生態系を維持することができます。
しかし近年、過疎化・高齢化などによる労力不足により、草原を維持・管理することが困難となりつつあります。そこで、阿蘇の草原景観という宝を未来に引き継ぐために、地域・民間・行政が共通認識を持ちながら、草原景観保全に向けた活動を行う必要があります。

2016年度「お茶で熊本を美しく。」キャンペーンの活動報告

活動1

お~いお茶」全飲料商品の売上の一部を熊本県が取り組んでいる阿蘇の熊本地震復興及び世界文化遺産登録を推進する活動に寄付させていただきました。
〈プログラム期間〉平成28('16)年11月1日(火) ~ 12月31日(土)

【活動報告】

寄付金額は下記のとおりとなりました。
皆様のご協力誠にありがとうございました。

寄付金額: 35万円

使用用途:熊本地震復興及び世界文化遺産登録推進活動

2017年3月29日 熊本県知事 蒲島 郁夫様を訪問し、その活動報告および寄付金の目録を贈呈いたしました。

熊本県知事 蒲島 郁夫様 阿蘇市長 佐藤 義興 様 阿蘇草原再生協議会会長 高橋 佳孝様 阿蘇草原再生千年委員会委員長 坂本 正様 (株)伊藤園 中四国・九州地域営業本部長 斉藤 武志 (株)伊藤園 南九州地区営業部長 小林 浩幸 (株)伊藤園 熊本支店長 桐山 政彦

熊本県知事 蒲島 郁夫様
阿蘇市長 佐藤 義興 様
阿蘇草原再生協議会会長 高橋 佳孝様
阿蘇草原再生千年委員会委員長 坂本 正様
株)伊藤園 中四国・九州地域営業本部長 斉藤 武志
株)伊藤園 南九州地区営業部長 小林 浩幸
株)伊藤園 熊本支店長 桐山 政彦

活動2

熊本地震復興支援として、伊藤園社員によるおいしいお茶の入れ方セミナー
「お茶っこ会~からたんね~」を計4回実施いたしました。

第1回 : 2016年12月18日(日) / 阿蘇市 三久保団地(みんなの家)
第2回 : 2017年1月26日(木) / 阿蘇市 東池尻団地(みんなの家)
第3回 : 2017年3月14日(火) / 阿蘇市 黒川団地(みんなの家)
第4回 : 2017年4月20日(木) / 阿蘇市 北塚団地(みんなの家)