「お茶で佐賀を美しく。」キャンペーンについて

特別名勝『虹の松原』について

虹の松原
虹の松原

佐賀県唐津湾沿岸に広がる「虹の松原」は、クロマツの林が長さ約5kmにわたって続く、日本三大松原のひとつで特別名勝に指定されています。
しかし近年、広葉樹の侵入により景観が変容しつつあるため、計画的に伐採する事業が進められています。松原内では自治体と地域住民組織が協力して、松原の再生・保全のため、松原の清掃・美化活動の他、松くい虫の防除対策、広葉樹の芽掻きと除草、松葉掻きなどを継続的に行っています。

豊饒(ほうじょう)の海『有明海』について

 

「有明海」は、広大な干潟が広がり、ムツゴロウなど貴重で多様な生物が生息しています。また、最大6mもの干満差を利用し、日本一の海苔漁場を形成するなど漁業資源豊かな“宝の海”です。
しかし近年は、浮泥の堆積、赤潮の発生、河川などからのごみの流入などにより海域環境の悪化が問題となり、二枚貝類などの漁業資源が著しく減少しています。
「有明海」を元の“豊かな海”として再生させるために、行政の取組のほか、漁業者や流域住民による海岸や川などの清掃活動、漁業者と森林環境活動などの連携による植樹活動など山、川、平野、海にわたり有明海流域全体で環境保全活動を行っています。

2016年度「お茶で佐賀を美しく。」キャンペーンの活動報告

活動1

お~いお茶」全飲料商品の売上の一部を佐賀県が取り組んでいる虹ノ松原、有明海などの環境保全活動に寄付させていただきました。
〈プログラム期間〉平成28('16)年11月1日(火) ~ 12月31日(土)

【活動報告】

寄付金額は下記のとおりとなりました。
皆様のご協力誠にありがとうございました。

寄付金額: 30万円

使用用途:虹ノ松原、有明海などの環境保全活動

2017年4月20日 佐賀県副知事 副島 良彦様を訪問し、その活動報告および寄付金の目録を贈呈いたしました。

佐賀県副知事 副島 良彦様	(株)伊藤園 中四国・九州地域営業本部長 斉藤 武志

佐賀県副知事 副島 良彦様
(株)伊藤園 中四国・九州地域営業本部長 斉藤 武志

活動2

伊藤園社員も環境活動に参加いたしました。

<有明海シチメンソウ生息地周辺の環境保全活動に参加> 2016年8月27日(土)実施