ニュースリリース

このページを印刷する
事業活動

2022年1月7日

日本が誇る “大相撲” × “お茶”

日本相撲協会との
オフィシャルトップパートナー契約を締結

日本相撲協会初のオフィシャルパートナーとして日本の伝統を世界に届けます

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、公益財団法人日本相撲協会(理事長:八角信芳 東京都墨田区 以下 日本相撲協会)と「オフィシャルトップパートナー」契約を締結しました。



日本相撲協会の「オフィシャルパートナーの取り組み」は、同協会が2022年より開始するもので、同協会として初めての試みとなります。参画企業は広告スポンサーとしての枠組みを超え、日本相撲協会と協力し合い、広告媒体としての位置付けだけでは計ることができない価値の創造を目指します。今回、当社はオフィシャルパートナーの中でも最上位の位置付けとなる「オフィシャルトップパートナー」となります。

共に日本で1千年以上の歴史を紡ぎ、高い格式と伝統を備える国技の相撲と伝統飲料のお茶は、日本が世界に誇るべき文化という共通項を持っています。両者が協力し合うことで、世界中にその魅力を届け、発展につなげることができると考え、当社は「オフィシャルトップパートナー」として参画させていただくこととしました。

「オフィシャルトップパートナー」となる当社は今後、年間六回の本場所すべての会場内様々な場所に広告を掲示します。また本場所中には館内に「お~いお茶」専用ブースを設置し、お茶にまつわる情報を発信するほか、一・五・九月場所が行われる両国国技館においては、「お~いお茶」オリジナルまわしを着けて土俵入りをしているように撮れるフォトブースを設置する予定です。

そのほか、地方場所や巡業先など日本相撲協会と関わりの深い地域の皆さまに向けたイベントやキャンペーンの実施や、当社の製品を通じて力士の皆さまの健康サポートなども検討したいと考えています。

「おいしさ」「すこやかさ」「たのしさ」というお茶が持つ価値を世の中に届け、お茶ファンの拡大を目指す当社は、日本相撲協会の「オフィシャルトップパートナー」としての活動を通じて、日本の伝統・文化の積極的な発信と価値向上に努めるとともに、日本相撲協会およびすべての力士の皆さまの活躍をサポートしていきます。

 


日本相撲協会公式キャラクター「ひよの山」(左)と伊藤園公式キャラクター「お~いお茶くん」(右)

■公益財団法人日本相撲協会 八角 信芳 理事長 コメント

この度、株式会社伊藤園様にご賛同頂き、大相撲の継承と発展を支える「オフィシャルトップパートナー」の役割を担っていただくことになりました。
今後は伊藤園様をはじめとして、ご支援いただいている皆様とともに、日本の伝統文化である、大相撲の継承と発展に尽くしたいと思っております。



■株式会社伊藤園 代表取締役社長 執行役員 本庄 大介 コメント

日本相撲協会様初のオフィシャルトップパートナーに就かせていただき、大変光栄です。

当社はお茶が持つ様々な価値の提供を通じて、日本相撲協会様ならびに力士の皆様を全力でサポートさせていただきます。

日本相撲協会様とともに、日本が世界に誇る伝統・文化という共通の価値を持つ相撲とお茶の魅力を世界中に発信し、日本文化の発展と認知拡大に貢献したいと考えています。

前のページに戻る