ニュースリリース

このページを印刷する
サステナビリティ

2021年8月23日

姫路市 × 遠東石塚グリーンペット × キンキサイン × 伊藤園
4者連携に基づきペットボトルの域内循環を目指します

『ペットボトル資源循環型リサイクル実施に関する事業連携協定』締結

 

姫路市(市長:清元秀泰)、遠東石塚グリーンペット株式会社(社長:安田真一 本社:茨城県猿島郡境町 以下 遠東石塚)キンキサイン株式会社(社長:山口祖廣 本社:姫路市 以下 キンキサイン)、及び株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区 以下 伊藤園)の4者は、2021823日(月)に、姫路市内における循環型社会の形成に向けて、『ペットボトル資源循環型リサイクル実施に関する事業連携協定』を締結したことをお知らせします。

今回4者が締結した『ペットボトル資源循環型リサイクル実施に関する事業連携協定』(以下 本協定)は、4者が連携して、「回収・手選別・圧縮梱包」→「再資源化」→「製品製造」→「飲料製品の販売」のサイクルを域内で円滑かつ効果的に推進するためのものです。本協定に基づき202241日より、姫路市民の皆様が分別・排出された使用済みペットボトルを新しいペットボトルへと水平リサイクル(ボトル to ボトル)し、それによって生まれた製品が姫路市を中心とした地域で消費され、再びペットボトルにリサイクルされるという資源循環の仕組みを実現します。


日本におけるペットボトルのリサイクル率は85.8%と世界最高水準にあるものの、回収された使用済みペットボトルが国内で再びボトルtoボトルに水平リサイクルされている割合は12.5%に留まり、多くはシートや繊維等のボトル以外の用途にリサイクルされています。一度ペットボトル以外の製品にリサイクルされてしまうと、再びペットボトルに戻すことは困難になります。

ボトルtoボトルリサイクルは、繰り返しペットボトルにリサイクルすることができるため、新たな化石由来資源の使用量および廃棄物の削減につながり、国内での資源循環が可能となります。またバージンペットボトルと比較して約6割のCO2排出量の削減が期待されます。

本協定は、このような「水平リサイクル」への取り組みと、姫路市を中心とした域内資源循環の仕組みの構築と推進について、4者が賛同したことを受け、締結に至りました。

国内におけるペットボトルの域内資源循環のモデルの一つとなる取り組みとして、4者で協働し、廃棄物の減量および資源の有効利用を促進するとともに、環境・社会・経済の持続可能性の向上を目指してまいります。

前のページに戻る