ニュースリリース

このページを印刷する
経営

2021年3月26日

自然・健康・安全な製品を通して、滋賀県草津市民の健康を応援

健幸都市くさつ (※)

「健幸都市づくりに関する協定」締結 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、滋賀県草津市(市長:橋川渉)が取り組む健幸都市くさつの応援を目的に、325日(木)に草津市と「健幸都市づくりに関する協定」を締結しました。

左から、草津市長 橋川渉 様、株式会社伊藤園 関西地域営業本部 副本部長 国枝保

草津市では、誰もが生きがいを持ち、健やかで幸せに暮らせる新しい都市モデルとして「健幸都市」づくりを進めています。これまでの健康施策の枠組みを超え、まちの基盤整備や健康産業の振興なども含め、産学公民が連携した健康施策を推進しています。

今回草津市とは、当社の「健康」に配慮した製品を充実させた自動販売機「ウェルネス自販機®」を、草津市管轄の施設などに積極的に展開し、「ウェルネス自販機®」を通して当社製品を提供することで、利用される市民をはじめ、草津市を訪れる方に対して健康を応援することを目的としています。また、社会課題である認知機能が低下した方やその家族を支える自治体の施策に、抹茶に関する食育活動を通じて協力するなど、健幸都市くさつを応援します。

創業以来、当社は「お~いお茶」や「1日分の野菜」をはじめ、「自然」「健康」「安全」をコンセプトとした製品開発に取り組んでいます。人生100年時代の到来に合わせて、“健康創造企業”としての役割を果たすべく、地域の健康づくりを積極的に応援し、社会課題の解決に貢献してまいります。

(※)「健幸」とは、誰もが生きがいを持ち、健やかで幸せであること(草津市)


「ウェルネス自販機®」は、当社の「健康」に配慮した製品を充実させた自動販売機を指し、
2021年2月末現在、全国で約5,000台展開しています

前のページに戻る