ニュースリリース

このページを印刷する

平成24年

2012年5月22日

挑戦・進化し続ける「お~いお茶」
新「後火仕上げ」方式により、さらにおいしく

香り一新 「 お~いお茶 緑茶 」
旨さ一新 「 お~いお茶 濃い味 」

5月28日(月)新登場


株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、緑茶飲料市場を創造して以来、日本茶飲料のトップブランドである「お~いお茶」の主力2アイテム、「お~いお茶 緑茶」「お~いお茶 濃い味」を5月28日(月)よりリニューアル発売します。新「後火仕上げ」方式により、「同 緑茶」は“香り一新”して“おいしさは香り”をさらに高め、「同 濃い味」は“旨さ一新”して味わい深く、後味爽快に仕上げました。急須でいれたての緑茶の香りと味わいを追求し、さらに進化した「お~いお茶」をお届けします。

(左から):「お~いお茶 緑茶」「同 濃い味」500mlペットボトル

(左から):「お~いお茶 緑茶」「同 濃い味」500mlペットボトル

今回採用する新「後火仕上げ」方式は、長年の経験で研ぎ澄まされた味覚をもつ熟練の「茶師」が原料となる荒茶(※1)の特徴を見極めながら、仕上げ工程で火入れ温度、時間を絶妙に調整し、香り高く心地よい後味をさらに追求しました。あわせて、従来からの「ナチュラル・クリアー製法2010(方法特許)」により、ペットボトル入り緑茶飲料のクリアーな水色(すいしょく)を実現しています。同製法は、抽出した緑茶をマイクロフィルターでろ過することによって、オリや沈殿物の発生を防止し、さらにこのマイクロフィルターに加え、別のろ過素材を使用することによって、重層的に余分な雑味を取り除く特許製法です。
さらに「ティー・ナチュラル製法」を採用することで、ペットボトル製品の製造工程において、抽出した緑茶と酸素の接触を極力遮断するとともに緑茶中の酸素を極力低減し、急須でいれたての味わいを実現しています。

(※1) 荒茶とは茶園から摘み採られ、保存に耐えられる状態にまで一次加工(荒茶加工)された半製品をいいます。

「お~いお茶 緑茶」

「お~いお茶 緑茶」のコンセプトである“おいしさは香り”を追求して香りを一新し、さらに香り高く、味わい豊かになりました。原料茶葉は、「お~いお茶」専用に作られた香り豊かな契約栽培茶葉と、バランスの良いおいしさをもつ茶葉をブレンドしています。そして、緑茶の甘い香りを十分に引き出すよう、自社工場でていねいに原料茶葉を仕上げ加工しています。また、好適な条件で抽出した緑茶を「ナチュラル・クリアー製法2010」でろ過することにより、緑茶の香りと味わいが一層高まり、後味の良い飲みやすさを実現しています。
今回、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2011年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞(※2)を受賞したため、シンボルの「Gマーク」をパッケージに掲載しました。

(※2) グッドデザイン・ロングライフデザイン賞は、人々に愛され支持され続けた道具や機器を明日の生活という視点から再評価し、顕彰することにより、ものづくりと私たちの生活を見直す契機を提供することが目的です。当社の「お~いお茶」は、10年以上にわたり、ロングセラー商品として、継続して生産販売されていて、またデザインを継承しつつ商品性の向上が図られていることが評価され、2011年11月に受賞しました。

「お~いお茶 濃い味」

「お~いお茶 濃い味」のコンセプトである“味わい深く、後味爽快”なおいしさを追求し、濃厚な味わいを実現しました。500mlペットボトル製品1本当たり、茶葉由来のカテキンを400mg含有しています。原料茶葉は、「お~いお茶」専用に作られた香り豊かな契約栽培茶葉と、バランスの良いおいしさをもつ茶葉をブレンドしています。そして、渋み・旨み・香りをバランスよく引き出すよう、自社工場で原料茶葉を仕上げ加工しています。また、好適な条件で抽出した緑茶を「ナチュラル・クリアー製法2010」でろ過することにより、鮮度感のあるキレの良い渋みと旨みがきわだち、味わい深く、後味爽快なおいしさを実現しています。

「お~いお茶」は、1985年にその前身となる世界初の「缶入り煎茶」を販売した当初から、香料や調味料を一切使用することなく“急須でいれたての味わいと香り”“自然のままのおいしさ”の進化に努めてきました。また、多様化する嗜好やニーズに対応し、ドリンクにとどまらない日本茶製品の研究開発と挑戦により、常に新しい提案をしてきました。
今回、当社独自の新「後火仕上げ」方式により、原料茶葉の味わい・香りの特徴を最大限引き出し、「ナチュラル・クリアー製法2010」と「ティー・ナチュラル製法」でいれたてのおいしさを追求しました。

現在「お~いお茶」シリーズは、「お~いお茶 緑茶」、「同 濃い味」に加えて、“香ばしくてやさしい”「同 深香ばしいほうじ茶」、“日本伝統ブレンド”の「同 はれやか玄米茶」、“渋みが少なくまろやかな味わい”の「同 にごりまろやか」といった年間を通じての定番アイテム、そして四季折々の緑茶の味わいの季節限定アイテムなどを展開し、日本茶のさまざまな味わいを提案しています。今後も、豊富なラインアップを取り揃え、メディア広告やキャンペーン、エリアごとの販促も展開し、お客様においしさ、健康性といった、日本茶のさまざまな魅力をお伝えしてまいります。

≪製品概要≫

「お~いお茶 緑茶」

荷姿

希望小売価格 (税別)

JANコード

賞味期間 (未開封)

2LPET × 6本

330円

4901085089347

12ヵ月

1LPET ×12本

230円

4901085024508

12ヵ月

500mlPET ×24本

140円

4901085050002

9ヵ月

500mlPET(自販機用) ×24本

140円

4901085080405

9ヵ月

350mlPET ×24本

125円

4901085098455

9ヵ月

280mlPET ×24本

115円

4901085098929

9ヵ月

480g缶 ×24本

130円

4901085096857

24ヵ月

340g缶 ×24本

115円

4901085089378

24ヵ月

245g缶 ×30本

115円

4901085083147

24ヵ月

190g缶 ×30本

115円

4901085089439

24ヵ月

190g缶 ×20本

2,300円(ケース販売)

4901085219379

24ヵ月

155g缶 ×30本

70円

4901085096406

24ヵ月

250ml紙 ×24本

80円

4901085097007

9ヵ月

「お~いお茶 濃い味」

荷姿

希望小売価格 (税別)

JANコード

賞味期間 (未開封)

2LPET × 6本

330円

4901085026748

12ヵ月

1LPET ×12本

230円

4901085026755

12ヵ月

500mlPET ×24本

140円

4901085026762

9ヵ月

500mlPET(自販機用) ×24本

140円

4901085026779

9ヵ月

350mlPET ×24本

125円

4901085026786

9ヵ月

280mlPET ×24本

115円

4901085026793

9ヵ月

190g缶 ×30本

115円

4901085026809

24ヵ月

250ml紙 ×24本

80円

4901085026595

9ヵ月

前のページに戻る