ニュースリリース

このページを印刷する

平成22年

2010年4月30日

「お~いお茶」新茶シリーズ、4年ぶりの新作TV-CMに
三浦春馬さんが、初登場
新茶の鮮度感のある旨みと、みずみずしいおいしさの理由にせまります

新作TV-CM『いっきに芽吹く』篇

5月2日(日)より放映開始

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、「お~いお茶」新茶シリーズ(※)の新作TV-CM『いっきに芽吹く』篇を、5月2日(日)よりオンエアいたします。CMキャラクターには、茶園での体験を通じて「お~いお茶 緑茶」のさまざまな魅力をアピールしてきた、俳優の三浦春馬さんが初登場します。今回の新作TV-CM『いっきに芽吹く』篇では、新茶ならではの鮮度感のある香りと豊かな旨み、みずみずしいおいしさの理由を、三浦春馬さんが爽やかにお伝えします。

(※) 「お~いお茶」新茶シリーズ
ドリンク製品:「お~いお茶 摘みたて緑茶」500 mlペットボトル・2Lペットボトル
リーフ製品:「お~いお茶 初摘み新茶」100g、「同 旬摘み新茶」100g、「同 新茶」70g

新作TV-CM『いっきに芽吹く』篇CMカット

新作TV-CM『いっきに芽吹く』篇CMカット

【ストーリー】

今年も新茶の季節がやって来ました。青々と芽吹く茶畑をバックに「お~いお茶 摘みたて緑茶」をおいしそうに飲む三浦さん。「なぜ新茶はうまいのか?」その秘密は、新芽が冬の寒さに耐えて旨みをじっくり蓄えながら育つところにあります。つまり、春の陽射しに誘われて、いっきに芽吹いた新茶は、一年で一番、旨みが蓄えられている状態。その旨みたっぷりの摘みたての新芽だからこそ、おいしいのです。
「だからうまい!」と三浦さんも納得。画面に広がる水滴のきれいな波紋と、三浦さんの爽やかな笑顔が、新茶ならではの鮮度感のあるおいしさと納得の旨みを、みずみずしく表現しています。最後に三浦さんが一言。「今年の新茶は二重丸!」と、自信をもって新茶のおいしさをお伝えしています。

【撮影現場より】

撮影は、桜が満開を迎えた頃のとある日、某スタジオにて行われました。三浦春馬さんは新茶のみずみずしい味わいをイメージした、爽やかな白いシャツ姿で登場。「お~いお茶 摘みたて緑茶」をおいしそうに飲んだり、お茶の新芽を手に持ちながらセリフを言うカットなど、数カットを監督の要望に見事に応えて、撮影はあっという間に終了・・・。そう思ったその時、三浦さんにびっくりのサプライズが! 撮影当日はなんと三浦さんの記念すべき20歳の誕生日。スタッフ一同のハッピーバースデーの歌声とともに運ばれてきたのは“三浦さんの似顔絵入り巨大ケーキ”。さらに、似顔絵入りのオリジナルTシャツのプレゼントも! 次々と出てくるサプライズに、三浦さんもびっくりしつつも、大喜び。お祝いムードあふれる、すてきな撮影現場となりました。

《三浦春馬さん プロフィール》

生年月日 1990年4月5日(20歳)
出身地 茨城県
趣味・特技 サーフィン、サッカー、スノーボード、ギター

NHK朝の連続テレビ小説「あぐり」でデビュー後、数々のTVドラマ、映画に出演。代表作に、TVドラマ「ごくせん」、「ブラッディ・マンデイ」、映画「恋空」、「クローズZEROII」など。
昨年は、舞台「星の大地に降る涙」で初舞台をふみ、TVドラマ「サムライハイスクー ル」「ブラッディ・マンデイ」と2クール連続で連続ドラマの主演を務めるなど、今後も活躍が期待される実力派若手俳優。

前のページに戻る