生物多様性保護の基本的方針

伊藤園グループ 生物多様性保護の基本的方針

制定:2013年3月
改定:2016年8月

1.伊藤園グループは「自然が好きです。」をコーポレートメッセージとし、自然の恵みに感謝しつつ、世界の持続可能な社会・環境の目標である SDGs (Sustainable Development Goals)の内容も踏まえて、気候変動への対処、水資源・海洋・陸域・森林などの適切な保全管理に努めるとともに、自然循環と事業活動との調和を目指します。

2.伊藤園グループは、生物多様性の危機に対してグローバルな視点を持ち行動します。

3.伊藤園グループの事業活動を通じて、生物多様性と生態系の保全と持続可能な利用に自発的かつ着実に取り組みます。

4.持続可能な自然循環型社会に向けた取り組みを推進します。

5.生物多様性とこれらをとりまく地域の環境、農業、食、伝統・文化の創造を目指した取り組みを推進します。

6.ステークホルダーと連携・協働し、生物多様性の保全の視点で環境保全活動に継続して取り組みます。

7.生物多様性を育む人づくり・社会づくりを目指して、地域の取り組みを応援します。