ニュースリリース

「お~いお茶」ブランドで採用する2Lペットボトルを軽量化。国内で流通する緑茶飲料2Lペットボトルのなかで最軽量に。

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は「伊藤園グループ プラスチックに関する方針」のもと、「お~いお茶」ブランドの2Lペットボトル製品を対象に、従来比約26%の軽量化となるボトル重量28.7gへと削減した軽量化ボトル「環境配慮型ペットボトル」を導入し、2022年5月から全国展開を順次開始いたします。

当社は、プラスチック容器包装等のライフサイクル全体を通じた資源有効活用と環境負荷低減に向けた取り組みにより、持続可能な社会・環境の実現を目指しています。この取り組みの一つである「さらなる容器包装の軽量化・使用量削減」に向けて、この度「お~いお茶」ブランドで使用する2Lペットボトルの重量を、ネジ部の改良(長さやネジ山部分)などにより約26%軽量化し、国内で流通する緑茶飲料2Lペットボトルのなかで最軽量のボトル(※1)を開発しました。この「環境配慮型ペットボトル」の導入によって、プラスチック使用量を年間で約1,400トン削減し、CO2排出量を年間で約2,700トン削減することが可能となります(※2)

この軽量化した「環境配慮型ペットボトル」は、「お~いお茶」ブランドの「お~いお茶 緑茶」「同 濃い茶」「同 ほうじ茶」「同 玄米茶」の2Lペットボトル製品で採用し、2022年5月から全国展開を順次開始いたします。当社は、今後も容器包装の使用量削減をはじめとした省資源化に取り組むことで、持続可能な社会・環境の実現に貢献してまいります。

(※1)2022年5月26日時点 伊藤園調べ
(※2)2021年度の販売実績に基づく試算

画像ダウンロード