伊藤園グループ
リスクマネジメント方針

制定:2022年5月

伊藤園グループは、企業経営の目的に影響を与え得る事象をリスクとして定義し、目的達成を阻害するリスクを全体的視点で統合的かつ戦略的に管理し適切に対応することにより、企業価値の維持・向上に努めます。

1.目的

  1. 事業の継続及び資産の保全
  2. ステークホルダーからの信頼の確保
  3. 役員、社員とその家族の安全の確保

2.行動指針

  1. リスク管理を経営の最重要課題の一つと認識します。
  2. リスクマネジメントを通じて、リスク対応能力の向上を図ります。
  3. リスクに対する感性の醸成とリスク情報の共有を行います。
  4. 重大なリスク発生時における、速やかな対応と復旧を図ります。
  5. リスク管理の実施により、企業価値の維持・向上に努めます。

3.体制

  1. リスク管理の体制および基本的事項を明確にするため、リスク管理規程を別途定めます。
  2. グループ全体の全社的なリスクマネジメントの強化のため、取締役会の諮問機関として「リスクマネジメント委員会」(委員長:代表取締役社長)を設置し、リスク情報全般の把握と迅速かつ適切な対応に努めます。

4.リスクの管理方針

  1. リスク管理の実施状況については、定期的に検証し、必要に応じて随時見直します。
  2. 重要なリスクを特定、評価し、回避・低減等の対応を行います。