プラスチックに関する方針

伊藤園グループ プラスチックに関する方針

プラスチック容器包装等のライフサイクル全体を通じた資源有効活用と環境負荷低減に向けた取り組みにより、持続可能な社会・環境の実現を目指します。 また、その実現に向けて社員一人ひとりが意識を高め、責任ある行動に努めます。

1.リサイクル(資源循環)

  • 2030年までにペットボトルに使用するリサイクル素材等※の割合を100%にすることを目指します。
    ※生物由来素材を含む
  • ペットボトル以外の用途においても、リサイクル素材の利用を推進します。
  • 行政機関、業界団体、取引先等と連携し、リサイクル率向上に向けた活動を推進します。

2.リデュース(省資源化)

  • さらなる容器包装の軽量化・使用量削減に向けて、容器設計の変更や生産方法の改良を行います。

3.リプレイス&リユース(環境配慮素材や再利用可能容器への代替)

  • 生物由来素材、生分解性素材の使用を推進します。
  • 飲食事業においては、再利用可能な容器への代替も推進します。

4.クリーン(環境保全)

  • プラスチック資源有効活用のための、分別収集の促進、清掃活動等の社会貢献活動への参加とともに、各地の環境保全活動を継続的に支援します。