環境方針

伊藤園グループ環境方針

環境基本理念

伊藤園グループは、「お客様第一主義」に基づき、人類共有の地球環境を守り、次世代に継承することが最重要課題であるとともに、環境による影響が事業活動におけるリスクであることを強く認識しています。持続可能な社会・環境目標 SDGsを参考に、サプライチェーン(バリューチェーン)全体に配慮しながら、法規制の遵守を徹底し、自主的・継続的に環境保全に取り組みます。人と自然との共生、自然資本の保持と適正な利用、および自然と調和した食文化の発展への努力と、社会の課題解決と伊藤園グループの成長を両立する「共有価値の創造(CSV)」により、持続可能な消費と生産を通じて、持続可能な社会・環境の実現に貢献します。

環境行動指針

  • 環境負荷低減

    グループ全体の事業活動が地球環境・社会に与える影響について認識し、極小化に努めます。このため、商品企画・開発、調達、製造・物流、営業・販売、消費、廃棄など、製品のライフサイクル全体を通して環境負荷の極小化に努めます。

  • 法規制や協定の順守・汚染の防止・
    環境マネジメント

    活動・製品・サービスにかかわる法規制や協定を遵守し、環境汚染の防止に取り組み、環境マネジメントの強化を図ります。

  • 資源有効利用

    省資源・省エネルギー、排出物の抑制・適正処分・リサイクルなど持続可能な資源の使用を推進します。

  • 環境サプライチェーン

    サプライチェーン(バリューチェーン)全体(商品企画・開発、調達、製造・物流、営業・販売)を通じて、持続可能な生産と消費形態の確保を推進します。営業・販売、消費、廃棄など、製品のライフサイクル全体を通して環境負荷の極小化に努めます。

  • 気候変動対応

    気候変動への対処に貢献し、地球温暖化の防止に努めます。

  • 自然資源保全・生物多様性保護

    気候変動への対処に水資源や海洋・陸域・森林などの資源の適切な保全管理、生物多様性の保護に努めるとともに、持続可能な農業と地域づくりにも貢献します。貢献し、地球温暖化の防止に努めます。

  • 環境コミュニケーション

    地球環境への認識を高め、社会・環境に貢献できる人材を育成し、一人ひとりが持続可能な社会・環境の実現を意識して活動します。また、ステークホルダーとのコミュニケーションを強化し、環境活動でのパートナーシップを推進します。

図を拡大する

環境マネジメントの推進体制

当社は、執行役員会の下にCSR/ESG推進委員会を置き、環境方針、環境目標、活動の進捗状況の審議などの環境マネジメントを推進しています。これまでの伊藤園グループのISO14001の認証取得状況は、以下の通りです。

伊藤園グループのISO14001認証取得実績
取得事業所 取得年月
(株)伊藤園
生産本部全部署(沖縄名護工場を除く) 2003年11月
本社部門 2007年4月
沖縄名護工場 2009年1月
営業拠点部門 2009年3月
グループ会社
伊藤園産業(株) 2007年12月
(株)グリーンバリュー 2010年3月
(株)沖縄伊藤園 2012年3月

環境関連法令への対応

当社では、全事業所が毎年、法規制登録簿で法令の遵守を確認するとともに、法務部・内部監査部・ISO事務局による監査・現地確認を行っています。

グリーン購入への取り組み

当社は、環境によりやさしい資材の購入を推進するため、「グリーン購入基本方針」と「グリーン購入ガイドライン」に沿って、原材料や事務用品、自動販売機、車両などについて、環境に配慮したグリーン購入を推進しています。