ニュースリリース

このページを印刷する

平成23年

2011年8月25日

「キャップを開けて、ふって飲む」スタイルの「パウダーインキャップ」を採用
人気の深蒸し茶を100%使用、緑茶の栄養素をまるごと摂取

「 お~いお茶 深蒸(ふかむ)し茶 」

8月29日(月)より全国で販売開始

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、「パウダーインキャップ」に入った緑茶の粉末を、ふって天然水と混ぜ合わせることで、新鮮な緑茶をいつでもどこでも手軽に作ってお楽しみいただける「お~いお茶 深蒸し茶」を、8月29日(月)より全国で販売開始します。

「お~いお茶 深蒸(ふかむ)し茶」490mlペットボトル

お~いお茶 深蒸(ふかむ)し茶」490mlペットボトル

「お~いお茶 深蒸し茶」の原料となる粉末には、健康イメージで人気の高い国産深蒸し茶(※)を100%使用しています。
緑茶の茶葉は光や酸素、湿気に弱いため品質保持が難しい素材ですが、濃緑色の特殊素材で、遮光性と密封性に優れた「パウダーインキャップ」を使用することで、茶葉の品質を損なうことなく、新鮮でやわらかな甘みとすがすがしい香りを封じ込めています。また、深蒸し茶葉をそのまま粉砕しているため、栄養成分をまるごと摂取できます。
ボトル内の水は、山形県酒田市の天然水です。お茶を入れるのに適した軟水ですので、「パウダーインキャップ」内の粉末と混ぜ合わせることで、深蒸し茶の風味を引き出します。
 お茶本来のおいしさにこだわり、日本の緑茶飲料市場を常にリードし続けてきた当社は、「お~いお茶 緑茶」を中心として、鮮度感のある心地よい渋みと深い味わいの「同 濃い味」、刺激が少ないやさしい味わいと香ばしい香りの「同 ほうじ茶」「同 玄米茶」、カフェイン50%オフで口当たりやさしくふくよかな味わいの「同 玉露の旨み」など、お客様のさまざまな嗜好にお応えしてまいりました。
2008年6月より「パウダーインキャップ」を使用した製品を販売しておりますが、今回、人気の深蒸し茶100%使用の「お~いお茶 深蒸し茶」を発売することで、つくりたての新鮮な緑茶の味わいを、気軽にどこでもお飲みいただく「ふって・つくって・飲んで」という飲用スタイルをご提案し、「お~いお茶」シリーズを拡販してまいります。

(※)深蒸し茶
緑茶は茶園から摘み採られ、保存に耐えられる状態にまで一次加工(荒茶加工)されます。その後荒茶の形状を整え、消費地や消費者の好みに合うように火入れなどをする仕上げ加工を経て仕上げ茶となり、店頭に並びます。
荒茶加工の中に生葉を蒸す工程がありますが、蒸す時間を通常より長く(約2倍)してつくられるお茶が「深蒸し茶」です。茶葉の中に充分に蒸気熱が伝わるので、形は粉っぽくなりますが、お茶の味わいや緑の水色(すいしょく)が濃く出る特長があります。

《 製品概要 》

製品名

お~いお茶 深蒸(ふかむ)し茶

品名

ナチュラルミネラルウォーター、緑茶

荷姿

490mlペットボトル×24本

希望小売価格(税別)

140円

JANコード

4901085061008

賞味期間(未開封)

9ヵ月

発売日

8月29日(月)

販売地域

全国

前のページに戻る