お客様相談室

よくいただくご質問

「日本茶葉」について

Q.

緑茶は沸騰したお湯でいれるのがいいのですか?

A.

茶葉の種類によって適温があります。
詳しくは、お茶百科をご覧ください。
お茶百科「お茶のおいしさを決める水と温度」

Q.

お茶をいれるのに適しているのはどんな水ですか?

A.

日本茶には軟水が適しています(日本の水は軟水です)。
詳しくは、お茶百科をご覧ください。
お茶百科「お茶のおいしさを決める水と温度」

Q.

緑茶、ウーロン茶、紅茶の違いは何ですか?

A.

緑茶、ウーロン茶、紅茶は基本的に同じお茶の木を源としています。違いは、その製造方法です。
緑 茶 :不発酵茶。発酵させずに作ります。
ウーロン茶 :半発酵茶。途中で発酵を止めて作ります。
紅 茶 :完全発酵茶。完全に発酵をさせて作ります。
詳しくは、お茶百科をご覧ください。
お茶百科「お茶の分類」

Q.

緑茶、煎茶の違いは何ですか?

A.

緑茶とは、本来日本茶全体を指します。煎茶(せんちゃ)、玉露(ぎょくろ)、番茶(ばんちゃ)、抹茶(まっちゃ)、ほうじ茶など。しかし、現在は「緑茶=煎茶」として使われる場合が多くなっています。
詳しくは、お茶百科をご覧ください。
お茶百科「日本茶の種類」

Q.

お茶を粉末にして飲んでもいいですか?

A.

問題ありません。お茶を抽出して飲む場合よりも、お茶の成分をまるごと摂取することができます。

Q.

急須でいれたお茶が、時間が経つと“茶色”になってしまうのはなぜですか?

A.

お茶の成分(カテキン)が酸素に触れて酸化し、茶色になります。

Q.

「宵越しのお茶は飲んではいけない」とはどういう意味ですか?

A.

「宵越しの~」とは、前の日に使用した“茶葉”でお茶をいれてはいけないという意味です。これは、お茶に含まれているタンパク質が腐敗し、消化不良や下痢の原因になる可能性があるためです。

Q.

カフェインが含まれていないお茶はありますか?

A.

カフェインが含まれないお茶として穀物の麦茶やそば茶があります。茶葉から作ったお茶は、原料の茶葉にカフェインが含まれています。

Q.

「カテキン」とは何ですか?

A.

ポリフェノールの一種で、お茶の主要成分です。主なカテキンは8種類あります。
詳しくは、お茶百科をご覧ください。
お茶百科「カテキン」

Q.

開封したお茶は、常温で保管できますか?

A.

常温で保管できますが、茶筒など密封性のある容器に移し、冷暗所に保管してください。
チャック式の袋の場合は、中の空気をしっかりと抜き保管してください。

Q.

開封後は、冷蔵庫に入れた方がいいですか?

A.

冷蔵庫での保管は庫内のにおいを茶葉が吸収したり、出し入れの際に湿気を 帯びて風味が落ちるのでおすすめいたしません。

Q.

開封(購入)したばかりなのに、抹茶がダマになっている。

A.

一般的に抹茶は上質なものほど粒子が細かく、静電気によるダマができやすいといわれています。
品質にはまったく問題がございませんがダマになったまま、お使いになると、泡立ちや滑らかさが損なわれます。
お使いになる前に一度「茶こし」などを通して漉(こ)しておくと、点(た)てる時にダマにならずに点(た)てることができます。

Q.

お茶をいれるのに適した水はどんな水ですか?

A.

お茶をいれるのに適した水は、微酸性の「軟水」です。日本の水はほぼ微酸性の軟水ですので水道水を使用して問題ありませんが、水道水には塩素が含まれているため、必ず沸騰させてからお使いください。
ミネラルウォーターを使用する場合、外国産の多くはカルシウムやマグネシウムを多く含む「硬水」であるため、お茶をいれるには適当ではありません。

Q.

現在、妊娠していますがお茶(緑茶)を飲んでも大丈夫ですか?

A.

妊娠中はカフェインを控えるべきといわれることが多いですが、日本では妊娠中のカフェイン摂取量に明確な基準はありません。それぞれのカフェインの含有量を目安に、医師・薬剤師に、ご相談ください。

  • ● 煎茶:20mg ● 玉露:160mg ● ほうじ茶:20mg

  • ● 抹茶:30mg ● 番茶:10mg  ● 玄米茶:10mg

  • ※100ml当たりの含有量(目安) ※抽出時間や茶葉の量で異なります。

Q.

お茶で薬を服用してもいいですか。

A.

水か白湯で服用されることをおすすめします。薬の種類によっては、効きめに影響のある場合があります。

Q.

未開封だが賞味期限が切れてしまった。飲んでも大丈夫ですか。

A.

賞味期限はおいしくお飲みいただける目安です。期限の過ぎたものをお飲みになってもお体に障ることはありませんが、おすすめはいたしません。

Q.

開封後はどのくらい日持ちしますか。

A.

密封容器に入れ、冷暗所に保管の上、2週間~1ヶ月程度を目安にお飲み切りいただくことをおすすめします。

Q.

お茶にカフェインは含まれますか。

A.

日本茶(緑茶)・烏龍茶・紅茶にはカフェインが含まれています。(カフェインレスを除く)
麦茶・そば茶・黒豆茶・ルイボスティーには含まれていません。

Q.

お茶にはどのくらいカフェインが含まれますか。

A.

目安として、一般的な緑茶(煎茶)で、20mg/100mlですが、抽出時の茶葉の量、お湯の温度、抽出時間などで変わります。

Q.

お茶のカフェインとは、どのような成分ですか。

A.

お茶に含まれるカフェインは、お茶の苦味となる成分で一般的な効能として、「覚醒作用」や「利尿作用」が知られています。

Q.

お茶を飲みすぎると、カフェインの過剰摂取になりますか。

A.

通常の分量、濃さでお飲みいただく分には、問題ありません。

Q.

緑茶に含まれるカテキンとは、どんな成分ですか。

A.

植物に広く存在するポリフェノールの一種で、とくに緑茶に含まれるものを「緑茶カテキン」といい、
お茶独特の渋味成分です。エピガロカテキンガレートをはじめ、8種類あります。

Q.

水出しで冷茶をつくるとカフェインはなくなりますか。

A.

水出しでつくることで、カフェインを減らすことはできますが、全くないということではありません。

Q.

産地が『日本』とあるが、どこですか。

A.

静岡県以西の三重県・宮崎県・鹿児島県など主要産地の原料をブレンドして使用しています。

Q.

放射能は大丈夫ですか。

A.

茶葉製品に使用される国産茶葉原料は、全ロット検査を実施しています。
http://www.itoen-hinkan.jp/

Q.

緑茶は子どもが飲んでも大丈夫ですか。

A.

覚醒作用や利尿作用のあるカフェインを含んでいます。摂取量やお茶の濃さを調節していただき、 様子をみながら判断していただくことをおすすめします。

「インスタントティー」について

Q.

ティーバッグの中にお茶の葉ではない白っぽいものは何ですか。

A.

香りの出やすい茎の部分も原料としており、切断された茎が白く見えることがあります。

Q.

中から、固い塊が出て来た。

A.

溶けやすく設計された製品のため、スプーンの水滴などが顆粒に付着すると少量の水分でも顆粒が溶け、あめ状に固まることがあります。
なお一度固まったものでもお湯に溶けますのでお飲みいただいて問題ありません。

Q.

原料のデキストリンとは何ですか。

A.

デキストリンとは、植物のデンプンからつくられたもので、おいしさを保ちながら、溶けやすい顆粒にするために使用しています。

Q.

開封後はどのくらい日持ちしますか。

A.

開封後の保管状況によって変わります。
しっかりと封を閉め、2週間~1ヶ月程度を目安にお飲み切りいただくことをおすすめします。

Q.

「さらさら緑茶」は、粉茶とは違うのですか。

A.

粉茶とは煎茶などの仕上げ工程で粉だけを選別したお茶で、急須や茶こしを使ってお飲みいただけます。さらさら緑茶は一度、抽出した液をスプレードライ製法により乾燥させ、水でも溶けやすい顆粒状にしたものです。

茶葉関連のご質問に戻る