ホットPETについて


オレンジ色のキャップでおなじみのホットPETは、当社が他社に先駆けて2000年に発売しました。

それまでは、ホットといえば容器は主に缶でしたが、「ホットの缶は手に持ったままでは熱すぎる」というお客様からのご意見が寄せられていました。そこで、私たちの生活に定着してきているペットボトルを活用することができないかと考えました。ですが、品質上の問題から、通常のペットボトルをそのまま温めるわけにはいきませんでした。こうして、温めても品質上の問題がない、通常のペットボトルとは違うホット用のペットボトル(ホットPET)が誕生したのです。

ホットPETは、通常のペットボトルと同様にリキャップができるだけでなく、保温性や容器が熱くならないので持ちやすくて飲みやすいという特長で人気を集め、今では寒い冬はもちろん、1年をとおしてお客様に利用されています。

「お〜いお茶 ホットPET」

当社は、緑茶飲料「お〜いお茶」はもちろん、ジャスミン茶や紅茶などの茶系飲料やレモン果汁を使用した飲料など、さまざまな商品を取りそろえていますが、それぞれがホットでおいしくお飲みいただけるよう、中身にもこだわっています。例えば「お〜いお茶」のホットPETは、『国産茶葉100% 無香料・無調味』『自然のままのおいしさ』というコンセプトはそのままに、ホットに適した原料茶葉を使用することで、香りと旨みを向上しています。その他の商品も、ホットでより強調される香り立ちや味わいなどを高めるために適した原料や製法でつくられています。

ホットPETの特徴

通常のペットボトルは、目には見えませんがわずかながら空気(酸素)をとおしてしまいます。常温や冷却時にはペットボトルの中身の品質には影響はありませんが、加温時には酸素の影響を受けやすく、中身の品質劣化が常温や冷却時と比べて格段に早くなります。

当社のホットPETは、酸素をとおしにくくすることで中身の品質を守っています。