アツいまちサミット

環境省後援「第5回アツいまちサミット2018 in渋谷」が開催されました!

動画②.jpg

 2018年6月2日(土)、渋谷にて、日本の歴代最高気温を記録し、暑さ対策先進都市である四万十市(高知県)・熊谷市(埼玉県)・多治見市(岐阜県)・山形市(山形県)が一堂に集まり、環境省を始め、各県・各市の後援のもと「第5回アツいまちサミットin渋谷」が開催されました。

 5回目となる今回は、比較的涼しい時間帯である“朝”の時間を楽しむ「アツいまちの涼活」をテーマに各都市の市民団体や学生、共催である伊藤園の社員が、都市別のチーム・都市混合チームに分かれてワークショップを実施しました。

暑さ対策先進都市ならではの「涼活」アイデアが盛りだくさん!

 各チームで考えたアイデアをプレゼンテーションし、暑さ対策先進都市ならではの涼活のアイデアが出てきました。各チームのアイデアを簡単にご紹介します。

■四万十市「夏バテに効く!米ナスで美活!涼活!キャンペーン」

夏バテや食欲不振緩和の効果がある四万十市の特産品の「米ナス」。「米ナススムージー」の商品開発をすることで、朝から「米ナス」を食べる・飲む文化を作り、朝の活動を充実あるものにしていく。

■熊谷市「おはよう うどんツアー」

奪取うどん県の実現の為、まずは熊谷市から早朝に「うどん」を食べる文化を根付かせる(埼玉県のうどんの生産量は2009年香川県についで2位)。朝一でうどんづくり体験を行い、生地を寝かせている間に地元うどん屋で一杯。その後街歩きを行い、寝かせ終わった生地を調理して自宅でのうどん消費を促す。新商品「雪くまうどん」の開発も目指す。

「第1回 おはよううどんツアー」の様子はこちら >

■多治見市「ママ!今朝はどこに行く?何する?土岐川で見つける!お宝タイルザックザク!」

美濃焼などで有名な多治見市の名産である「タイル」。土岐川には河原に大量に落ちているタイルを、涼しい早朝から拾い集め、講師の指導のもと親子で作品づくり。親子で一緒に楽しんで地元の遊びを再発見してもらう。

■山形市「30秒が限界か!?用水路で映える(ばえる)冷やしらーめん」

早朝から農業体験をして、気持ちのいい汗をかき、全35市町村で温泉が湧いていて温泉王国として有名な山形の温泉で汗を流す。その後、雪解け水が流れる冷たい農業用水路に足を入れながら山形名物・冷やしラーメンを食べる。地域文化を知ってもらう。

■4都市混合「あつ~りずむ」

自転車に乗って気持ちの良い涼しい風を受けながら各都市の「熱い現場」(熱い地場産業)を巡る。熱い現場の人が語る地域に対する熱い想いを聞きくことで、地域の想いを再発見する。

ボタン②.jpg

 各チームの発表に対して、有識者として参加したNPO法人ORGAN理事長 蒲勇介氏、東京理科大学理工学部土木工学科講師 仲吉信人氏はアドバイスをしつつ、「『アツいまちの涼活』に、地元の人があまり関心を寄せていない地域の特産や産業を取り上げ、活用した点が非常に評価できました。『アツいまちの涼活』から、地域社会の盛り上げを期待します。」とコメント。そのコメントを受けて、各チームはアイデアの実施に向けて、さらに話し合い、内容を深めていました。

最後に、アツいまちサミット実行委員長より、「『アツいまちの涼活』の実施」がアツいまち共同宣言として採択され、「第5回アツいまちサミット」は閉幕しました。

伊藤園は共催として参加!

 アツいまちサミットに伊藤園は共催として参加。伊藤園は「健康ミネラルむぎ茶」を通して、暑さ対策における先進4都市とともに、日本の暑さ対策を考え、取り組んでいきます。

今回のアツいまちサミットで発表されたアイデアは、この夏、各都市で実施される予定です。

関連トピックス

  • 熊谷市で「第1回 おはようどんツアー」を実施!