健康ミネラルむぎ茶

おいしさへのこだわり

‘やかん’で煮出した昔ながらのむぎ茶の味わいを実現!

古くから親しまれてきたむぎ茶

緑茶の普及するはるか昔、戦国時代の武将たちも愛飲していたというむぎ茶。江戸時代には、「むぎ湯」と呼ばれ売られていたそうです。明治時代に入ると、一般家庭で大麦を炒って麦湯をつくるようになり、昭和30年代に入ると冷蔵庫の普及に伴い、冷たいむぎ茶が飲まれるようになりました。簡便性の商品が出回るまでは、こうばしい香りとコクのあるやかんで煮出したむぎ茶が、多くの家庭で飲まれていました。伊藤園では、やかんで煮出した昔ながらのむぎ茶の味わいを実現するため、こだわりを持ってつくっています。

原料

大麦(六条大麦)&麦芽(二条大麦)をおいしくブレンド。

六条大麦 カナダ産・アメリカ産使用
豊富な旨みが特長です。
二条大麦 オーストラリア産使用
麦芽糖の甘みとコクが特長です。
大麦と小麦の違いって?

約1万年前に中東で栽培が始まり、約5000年前にヨーロッパや東アジアに伝わったと考えられている大麦。小麦との大きな違いは、「グルテン」という、例えばパンをふっくらさせる効果を持つ粘性のたんぱく質を含まないことです。日本では昭和40年代まで、米に混ぜて炊いた麦飯や、炒ってから粉にした麦こがしが日常的に食べられていました。現在はむぎ茶のほか、味噌や焼酎などの原料としても栽培され、 日本の食文化に欠かせない穀物となっています。

焙煎

「極蒸し2段焙煎」と「熱風焙煎」で、大麦の香ばしい香りと甘いコクを引き出します。

極蒸し2段焙煎
極蒸し2段焙煎 イメージ
大麦を充分に蒸してから2回に分けて焙煎(2段焙煎)することで、芯まで焦がすことなくこうばしい香りとコクのある味わいを引き出します。
熱風焙煎
熱風焙煎 イメージ
熱した空気を利用し、焦がさず焙煎します。表面がカリッと焼き上がり、広がりのある香りと甘みのあるすっきりとした味わいを高めます。
麦茶イメージ

香ばしくて甘いコクのあるむぎ茶に仕上がります。