ニュースリリース

このページを印刷する

2019年3月7日 

毎日飲み続けられるおいしい青汁が

さらにすっきりとした味わいになって新たに販路を拡大

自動販売機専用「ごくごく飲める 毎日1杯の青汁」

あわせて「毎日1杯の青汁」ペットボトル製品リニューアル

3月11日(月)より順次販売開始

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、青汁が苦手な方でも毎日飲み続けられるおいしさでご好評をいただいている「ごくごく飲める 毎日1杯の青汁」から自動販売機専用製品を311日(月)より新発売します。あわせて「毎日1杯の青汁」ペットボトル製品を、さらに飲みやすく一新して、41日(月)より販売開始します。

左から、「ごくごく飲める 毎日1杯の青汁」280gペットボトル(自動販売機専用)、350gペットボトル、
栄養機能食品「毎日1杯の青汁 無糖」900gペットボトル

当社の自動販売機は無糖飲料中心の品揃えで、年々増加する健康意識の高い方にご好評をいただいております。今回、青汁がはじめての方でもごくごく飲める無糖タイプでゼロカロリー設計の「ごくごく飲める 毎日1杯の青汁」を、自動販売機専用アイテムのラインアップに新たに加えて新発売します。緑茶のように飲みやすいため、ご家庭内での飲用のみならず、外出先や仕事先でも手軽にお楽しみいただくことができ、健康を気にされる方の飲用シーンの多様化に対応していきます。

あわせて、発売以来ご好評をいただいている「毎日1杯の青汁」シリーズのペットボトル製品「ごくごく飲める 毎日1杯の青汁」「毎日1杯の青汁 無糖」の味わいをさらにおいしく、リニューアルして販売します。

近年、おいしく飲みやすい青汁粉末製品や青汁飲料製品が登場したことで、健康意識の高い若年層を中心にした飲用層・飲用シーンが拡大しており、青汁市場は拡大を続けております。いつでもどこでも飲める「毎日1杯の青汁」シリーズのペットボトル製品のラインアップを拡充することで、お客様の多様化するニーズにお応えし、健康的な暮らしをサポートするとともに、青汁市場におけるシェア拡大を目指してまいります。


【製品特長】
▽「ごくごく飲める 毎日1杯の青汁」
青汁が初めての方でも緑茶のようにごくごく飲める新しい味わいとして、20169月の発売以降、幅広い年齢層の方に好評をいただいているカロリー・糖質ゼロの健康青汁飲料です。
今回、超微粉砕した大麦若葉粉末と、当社独自の原料「大麦若葉汁」の使用割合を見直し、さらになめらかですっきりとした味わいに仕上げました。また、不足しがちなビタミンCを含み、栄養もきっちり摂れる設計にしました。

▽栄養機能食品「毎日1杯の青汁 無糖」
国産の大麦若葉やケールを主体に国産抹茶ですっきりとした後味に仕上げた無糖で低カロリーの青汁飲料です。また、カラダにうれしい植物性乳酸菌・食物繊維とビタミンC・ビタミンEが摂取できる栄養機能食品(※)です。

(※)特定の栄養成分について、消費者庁長官が定める規格基準値を満たす場合、それらの栄養成分の機能表示ができる食品をいいます。

≪製品概要≫

製品名 ごくごく飲める 毎日1杯の青汁

品名

青汁飲料(清涼飲料水)
容量・容器 280gペットボトル 350gペットボトル
希望小売価格(税別) 120円 139円
発売日 3月11日(月) 4月1日(月)
販売地域 全国の当社自動販売機 全国

製品名 毎日1杯の青汁 無糖

品名

青汁飲料(清涼飲料水)
容量・容器 900gペットボトル
希望小売価格(税別) 430円
発売日 4月1日(月)
販売地域 全国

前のページに戻る