ステークホルダーとのコミュニケーション
社外に向けての取り組み

2015年度

「第8回鯖江市地域活性化プランコンテスト」の参加について

2015年9月14日(月)、「市長をやりませんか?・第8回鯖江市地域活性化プランコンテスト」に、当社は地元企業とともに協賛し、決勝の審査員として、当社常務執行役員笹谷が参画いたしました。
本コンテストは、明日の日本を背負うリーダーになりたいと思う全国の大学生、大学院生が応募して鯖江市長になったつもりで活性化プランを競うものです。

当社は、政府の「まち・ひと・しごと創生」への支援の一環として、「共有価値創造」を目指して、地域での活動を支援しております。

本コンテストは、「産官学労金言=産業界・行政・教育(大学)・労働界・金融界・メディア」によるプラットフォーム(活動の共有基盤)が形成されている活動であり、地方創生のための「学習」と「オープン・イノベーショ ン」の事業モデルのひとつと考えられます。
今後も、地域密着型企業としてコミュニティの一員としての役割と責任を担いつつ、地域貢献活動を応援する観点から推進してまいります。

【コンテストでの決勝審査員(左から)】:
・牧野百男氏(鯖江市 市長)
・野村一榮氏(鯖江商工会議所 会頭)
・蓑輪進一氏(福井信用金庫  会長)
・笹谷秀光 (当社常務執行役員)
・福野泰介氏(株式会社jig.jp 代表取締役社長)


「第8回鯖江市地域活性化プランコンテスト」

概要

日 時:
2015年9月14日(月)
場 所:
福井県鯖江市 本山誠照寺
主 催:
鯖江市地域活性化プランコンテスト実行委員会
テーマ:
「市長をやりませんか?」

(参考)  「第8回鯖江市地域活性化プランコンテスト」の詳細

https://sabae-plancontest.jp/

「グローバルビジネス学会 第3回全国大会」の参加について

 2015年7月4日(土)、5日(日)の2日間にわたり、「地方創生とグローバルビジネス」をテーマとしたグローバルビジネス学会第3回全国大会が早稲田大学国際会議場(井深大記念ホール)で開催されました。当社は協賛と常務執行役員笹谷がパネルディスカッションにパネリストとして参加しました。

 パネルディスカッションのパネリストとして阿部守一氏(長野県知事)、当社笹谷、 高村義晴氏(日本大学理工学部まちづくり工学科教授)、丹羽宇一郎氏(前中国大使・伊藤忠商事株式会社前会長)、山崎正人氏(株式会社いよぎん地域経済研究センター代表取締役社長)、小林潔司氏(京都大学経営管理大学院教授・経営研究センター長)が参加され、「地方創生での各関係者の役割などについて」議論がなされました。

 阿部長野県知事より長野県の地方創生について、少子高齢化などに対する取り組みならびにこれからの地方創生の課題をかわきりに、議論が始まりました。
 当社笹谷からは、長野県様の取り組み(山ガールなど)を紹介し、地方創生は、地方のいいモノを見つけ、いかに掘り起こしていくかを「産・官・学」に「金・労・言」が連携をとり共通基盤(プラットフォーム)を形成し、活動していくことが重要であると考え、当社事例も交えながら説明をしました。

【パネルディスカッション(左から)】
<モデレータ>
・井之上喬氏(京都大学経営管理大学院特命教授)

<パネリスト>
・阿部守一氏(長野県知事)
・笹谷秀光(当社常務執行役員)
・高村義晴氏(日本大学理工学部まちづくり工学科教授)
・丹羽宇一郎氏(前中国大使・伊藤忠商事株式会社前会長)
・山崎正人氏(株式会社いよぎん地域経済研究センター代表取締役社長)
・小林潔司氏(京都大学経営管理大学院教授・経営研究センター長)


「グローバルビジネス学会 第3回全国大会」

概要

日 時:
2015年7月4日(土)、5日(日)
場 所:
早稲田大学 国際会議場(井深大記念ホール)
主 催:
グローバルビジネス学会
テーマ:
「地方創生とグローバルビジネス」

(参考)グローバルビジネス学会 第3回全国大会の概要

http://s-gb.net/news/1539/

ささつな自治体協議会総会での事例発表

ささつなの意味は ささえる・つながる から由来しており、ささつな自治体協議会は全国の約30自治体首長が集う協議会です。地域を超えた複数の自治体間で災害支援協定が結ばれています。
当社はCSRサポート企業として常務執行役員の笹谷と広域法人営業一部三課長の高橋が参加し、当社の取り組みなどについての事例発表を行いました。

ポイントは以下の2点です。

1.CSRとは社会対応力のことで、今企業に求められているのは本業を通じた社会対応力。お客様との共有価値の創造から発信型三方よしとは何か、その重要性の発表を行いました。

2.「まち・ひと・しごと創生法」について、地方創生の課題を説明し関係者の連携と協働が基本になることを説明しました。

・地方創生により人口減少を食い止め、国際都市東京と合わせて日本創生を目指す。

・地方創生は複合課題への対応でありすべての関係者は相互補完と、そのためのプラットフォームが必要。自治体はプラットフォームに幅広い関係者を呼び込み、効果的な課題解決を目指す。

・企業もコミュニティの一員としての役割と責任があり、本業を活用してコミュニティの発展に貢献する。

・参画する組織・企業は互尊互敬・柔軟性などの心得が必要。

概要

日 時:
2015年5月7日(木)
主 催:
ささつな自治体協議会
参加者:
青森県西目屋村、秋田県美郷町、秋田県三種町、福島県棚倉町、栃木県高根沢町、栃木県益子町、富山県立山町、岐阜県七宗町、奈良県吉野町、島根県津和野町、山口県和木町、佐賀県上峰町、の12町長が出席
当社発表者:
笹谷常務執行役員および広域法人営業一部三課 高橋課長
場 所:
シーバンスS館シャープ東京支社

発表の様子

環境ふくい推進協議会 参加

福井県主催でセミナーおよび交流会が開催されました。当社からは常務執行役員の笹谷が参加し、『みんなで学ぶ時代』の組織・企業の役割~「まち・ひと・しごと創生」と環境を考える~をテーマに事例発表を行いました。
ポイントは以下の3点です。

1.お客様との共有価値の創造から発信型三方よしとは何か、その重要性、そして今企業に求められている社会対応力について、パリの「自転車シェアリングシステム」や東京大学で行われた「世界一田めになる学校」を事例に発表を行いました。

2.当社のバリューチェーンである「茶畑から茶殻まで」について説明し、茶産地育成事業や茶殻リサイクルへの取り組み、俳句や茶資格制度により茶文化への普及についても活動していることを発表し、本業を通じた取り組みであることを説明しました。

3.地方創生の課題として「人口減少」と東京への「人口集中」があります。プラットフォーム(活動の共有基盤)を形成し「学習」と「オープン・イノベーション」の場の重要性を発表しました。関係者の連携と協働が基本で、企業もコミュニティの一員としての役割と責任があり、本業を活用してコミュニティの発展に貢献する必要性を説明しました。

・福井県主催 事例発表

テーマ:
『みんなで学ぶ時代』の組織・企業の役割~まち・ひと・しごと創生と環境を考える~
日 時:
2015年5月12日(火)
時 間:
14時40分~16時30分
主 催:
福井県安全環境部
対 象:
企業・NPO団体(120名)
講 師:
笹谷常務執行役員
場 所:
福井県国際交流会館3階

発表の様子