伊藤園グループとSDGs

伊藤園グループとSDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは

2015年9月に「国連持続可能な開発サミット」の成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。アジェンダは、人間、地球および繁栄のための行動計画として、宣言および目標を掲げました。この目標が、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。今後のサステナビリティを考えるうえでの世界の共通言語として位置付けられるものといわれています。

※それぞれの目標をクリックすると、当社の関係が強い中核主題にリンクしています


伊藤園CSRへのSDGs導入の考え方

当社は、これまで企業の社会対応力向上、共有価値創造に向けて、国際標準であるISO26000をガイドラインとしたCSR体系を導入しています。加えて、SDGsの企業への導入では共有価値の創造の考え方が示され、これをビジネスチャンス面とリスク回避面の両面での活用が必要ですが、当社はマイケル・ポーター教授らの提唱するCSVを組み合わせてCSR/CSV経営を実践しています。
こうした経緯から当社はこれまでのCSR/CSV体系に、SDGsを2030年までの長期的視野での社会課題を組み込んだ形として、この体系のさらなる深化を図っています。


当社グループのSDGs達成に向けた取り組みは、外務省のホームページにSDGsに取り組む企業の一例として紹介されています。

外務省ホームページはこちら  >