伊藤園レディズロゴ
塩谷 育代プロ
名前
塩谷(伊藤)育代
(シオタニ イクヨ)
生年月日
1962年5月28日
出身
愛知県名古屋市
LPGA入会日
1983年1月1日(43期生)
家族
夫、子供2人

略歴


中学時代は陸上競技部で活躍。3年生の時には、全国放送陸上選手権の走り幅跳びで優勝。
樋口久子プロが同じ陸上出身であることを知り、プロゴルファーを志す。高校を卒業してゴルフ練習場に入り、1年半後のプロテストに合格。
デビュー3年目の1985年からは、東海大学田中誠一教授の指導を受け、科学トレーニングを取り入れる。
1987年の『アジアサーキット・マレーシアレディスオープン』で優勝。
1989年3月に弊社と所属契約を結んだ直後の5月、『ヤクルトミルミルレディース』でツアー初制覇。1992年は賞金女王にも輝いた。
翌1993年12月、結婚。
1994年はシーズン大詰めに逆転され賞金ランキング2位となったが、1995年には逆に、最終戦でランキングを逆転するという離れ業を演じ、再びマネークィーンの座につく。
また、同年の『日本女子オープン』、翌1996年の『日本女子プロ選手権』制覇で、国内公式戦3冠達成者となる。
1998年1月に懐妊がわかり、4月下旬の『那須小川レディス』を最後に産休に入る。同年8月21日、長男を出産。
1999年シーズン開幕を機にツアーに復帰。賞金ランキング27位と第一線に返り咲いた。
2000年は賞金ランキング22位、2001年には5月の『ヴァーナルレディース』で4年ぶりの復活V。
そして遂に2003年9月の『フジサンケイレディス』で、ツアー通算20勝を達成。プロ入り21年目の偉業である。
2011年、レギュラーツアーから引退。
2012年からシニアツアー参戦、テレビ解説、若手プロやジュニアの育成に活躍の場を広げる。
(日本女子プロゴルフ協会発行「LPGA MEMBER GUIDE」より一部抜粋)

主な戦歴

トーナメント名称 順位
1989年 ヤクルトミルミルレディース 優勝
1990年 東都自動車レディース 優勝
伊藤園レディス 優勝
1991年 ミズノオープンレディス 優勝
富士通レディース 優勝
1992年 再春館レディース 優勝
1994年 再春館レディース 優勝
健勝苑レディス・道後 優勝
カトキチクイーンズカップ 優勝
1995年 三越カップレディス 優勝
那須小川レディス 優勝
中京テレビ・ブリヂストンレディス 優勝
日本女子オープン 優勝
JLPGA明治乳業カップ 優勝
1996年 日本女子プロ選手権 優勝
TaKaRa WORLD INVITATIONAL 優勝
1997年 サントリーレディス 優勝
2001年 ヴァーナルレディース 優勝
2002年 ゴルフ5レディス 優勝
2003年 フジサンケイレディスクラシック 優勝
その他所属プロ

▲PAGE TOP