新着情報

このページを印刷する

2020年3月4日

経済産業省が“優良な健康経営を実践している法人”を顕彰する

健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、3月2日(月)、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」の認定を受けました。今回の認定は3年連続となります。

当社では、社員の健康保持・増進に対する方針として「健全かつ安全な職場の維持」を掲げています。そのなかでの『労働法令や社内規程を遵守し、健全で健康的に働くことができる職場環境をつくり、風通しの良い企業風土の確立に努めます』という、全社員の行動基準に則り、社員の健康保持・増進に向けた取り組みを行っております。

今回新たに、「胃内視鏡検査」を導入することでがんの早期発見や予防の強化に努めたことも評価されました。他にも、仕事と家庭の調和を図るうえで社員が抱える不安や悩み(育児・介護・不妊治療など)を緩和する支援策を整備するなど、さまざまな施策に取り組んでいます。

当社は、長期ビジョン「世界のティーカンパニー」に向けて持続的な成長を図るために、引き続き社員一人ひとりが健康で活き活きと働くことができるような取り組みを強化してまいります。


※健康経営優良法人認定制度とは

保険者と連携し、日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

前のページに戻る