契約栽培

茶葉の全量買い取りで、
茶農家の安定経営をサポート

契約栽培は、個々の茶農家の方々を対象に、「お~いお茶」をはじめとする伊藤園の製品などに使用する茶葉を生産していただく契約を締結するものです。伊藤園はそれらの茶葉を全て買い取るとともに、栽培指導やさまざまな情報提供を行い茶葉の品質向上をめざします。

特長

個々の茶農家の方々は、伊藤園と全量買い取りを前提とした茶葉を生産する契約を締結することで、茶価の変動に左右されない安定的、持続的な農業経営が可能になります。このような収益の柱ができることは、雇用拡大、設備投資など、発展的な農業経営につながるとともに、後継者の育成、担い手不足が解消できると考えています。

  • 茶価の変動に左右されない、
    安定的・持続的な農業経営

  • 経営安定による、
    発展的な農業経営

  • 後継者の育成、
    担い手不足の解消に貢献

契約農家と伊藤園の関係性

主な契約農家

新しいことに積極的に
チャレンジする老舗のお茶企業

鹿児島県 大隅地区 株式会社 堀口園
伊藤園との取引開始は、設立当初の1986年に遡ります。緑茶飲料向けの原料をはじめ、碾茶や輸出向けの茶葉など、お茶に対する消費者のニーズが劇的に変化する時代に、畑・荒茶製造の段階から対応できるよう取り組んでいます。時代とともに変化するお茶のニーズに応じて、新しい事に積極的に取り組んでいます。最近では、化学農薬に頼らない先進的な栽培方法により、茶業界で注目を集めています。

近隣の茶農家と協力し、
品質の安定を目指す

奈良県 月ヶ瀬地区 有限会社 月ヶ瀬みのり園
1988年より契約栽培を開始。近隣の茶農家と協力しながら、品質の安定を目指してお茶づくりに取り組んでいます。2014年、京都府に抹茶原料加工工場を設立し、碾茶の栽培に注力しています。

茶どころ静岡の恵まれた土地で
次世代を担う後継者

静岡県 磐田地区 丸太製茶 合資会社
2008年より契約栽培を開始。茶どころ静岡でお茶づくりを行っています。全国に安全で良質なお茶を届けるため、品質向上や生産量の増加を目指して取り組んでいます。