茶産地育成事業とは

原料の安定調達と、日本農業の
課題解決の両立に取り組む

日本の緑茶(荒茶)の生産量のうち、伊藤園の取扱量は約4分の1を占めています。伊藤園は、1976年より耕作放棄地の増加や農業の後継者不足が深刻な状況にある日本農業の課題解決と、今後も需要増加が見込まれる緑茶飲料用を中心とした原料の安定調達の両立を目指して、茶産地のサポートを行っています。

多様化する緑茶の飲まれ方、
その一方で減り続ける茶園

伊藤園が1985 年に「缶入り煎茶」(1989 年「お~いお茶」にブランド変更)を発売して以来、緑茶は急須でいれて飲むだけでなく、缶やペットボトルなどに入った飲料としても飲まれるようになりました。茶葉製品のみであった緑茶に飲料製品が加わり、全体の消費量は今後も増加が見込まれます。
ところが、そんな消費の拡大とは反比例するように、茶葉の生産現場では就農人口、茶園面積ともに減少傾向にあります。原因として、就農者の高齢化や後継者問題、相場の乱高下による経営不安などが挙げられ、さらには、地域によって耕作放棄地の増加が深刻な問題となっています。

茶園面積
耕作放棄地面積

伊藤園は
『お茶のリーディングカンパニー』として

  • 高品質な国産緑茶原料の安定調達、
    および生産の効率化
  • 生産農家の育成
  • 耕作放棄地の積極的な活用

のために、茶産地育成事業契約栽培新産地事業)をスタートいたしました。

茶産地育成事業の特長

茶産地育成事業では、良質な茶葉を安定的に調達するために、茶農家や行政と協力して、耕作放棄地などを活用して茶畑からお茶づくりに取り組んでいます。
各地の茶農家から茶葉を全量買い取りする“契約栽培”を、耕作放棄地などを大規模な茶園に造成して茶葉を生産する “新産地事業”を推進しています。

  • 大規模茶園経営

    スケールメリットを活かした
    経営を基本とします

  • 機械化による省力管理

    栽培管理は可能な限り機械化を図り、
    労力の効率化を行っています

  • 伊藤園独自の生産技術の導入

    茶葉の生産、荒茶の加工に対して
    伊藤園独自の技術ノウハウを提供します

  • 契約取引

    全量を一定価格で取引することより、
    茶農家収入が安定します

茶産地育成事業が生みだす価値

茶農家や行政と伊藤園が取り組むことで、トレーサビリティの実現や環境保全といったさらなる価値が生まれています。

茶産地育成事業が生みだす価値

環境保全

環境保全を目指し、肥料や農薬は、法律に基づき、茶園の状態に応じて時期や量を調整し、品質や収穫量の確保と、環境負荷の低減の両立を追求しています。また、地域の食品残渣や畜産廃棄物を堆肥として利用し、土壌を豊かにするとともに、循環型の農業を推進しています。

トレーサビリティの実現

肥料・農薬の適正な使用基準を設け、生産性と環境保全を両立させた施肥、防除体系の確立をめざし、茶農家の方々に技術指導・情報提供を行っています。

トレーサビリティ

茶産地育成事業の推移

茶産地育成事業の推移

推進目標

推進目標