発売30周年記念サイトへ お~いお茶の世界
お~いお茶の世界 発売30周年記念サイトへ
01

原料茶葉

お~いお茶専用に
茶葉を栽培

お~いお茶は、国産茶葉のみを使用するとともに、
各地の茶農家の方々の協力のもと、
時には地元の市町村や事業者と一緒になって
耕作放棄地を整え、お茶の樹を植えた
お~いお茶専用の茶園にて
茶葉を栽培していただいています。

茶産地育成事業

原料茶葉から
味わいづくり

「お~いお茶専用茶葉」は、
じっくり、ゆっくりお茶の葉が開くため、
余計な雑味が出ず、
おいしいところだけがしっかりと抽出できます。
そのため、過剰なろ過をすることなく、
金色透明のきれいな液色と、
お茶の葉本来の旨みと香りのつまった
味わいに仕上がります。

人工衛星で
茶園管理

伊藤園は直接契約している
各地の茶農家さんとともに、
茶葉の最適な収穫タイミングを
人工衛星などを活用しながら
見極め、「お~い茶専用葉」の
品質向上に努めています。

02

荒茶加工(一次加工)

加工時間を
1/2に短縮し、
を保つ

茶葉は摘採後すぐに、保存に耐えられるよう
“荒茶加工(一次加工)”を施し、乾物状態にします。
通常の茶葉は
荒茶加工の中で長い時間揉み続けられるため、
茶葉の組織は破壊され、鮮度は低下してしまいます。
鮮度を保ち、余計な雑味のない味わいを引き出すため、
お~いお茶は揉み工程の一部をはぶき、
荒茶加工の時間を従来の1/2に短縮しています。

茶葉の特長を
生かしたブレンド

いつ飲んでも、同じ「おいしさ」を
お客様のもとへ届けるため、
お~いお茶で使用している茶葉は、
荒茶(一次加工後の茶葉)段階で
茶葉の味わいを見極め、
数ある原料茶葉を
最適な配合でブレンドしています。

03

火入れ(仕上げ加工)

伊藤園のお茶職人が
仕上げる茶葉

原料茶葉の香りと味わいを高めるために行う
仕上げ工程を“火入れ”と呼びます。
お~いお茶では、「新・後火仕上げ製法」と呼ばれる、
伊藤園の“茶師”が長年の経験を活かして、
茶葉の色や形状、蒸し方、産地などの
特徴を見極めながら、
火入れの温度や時間を微妙に調整し、
検査機器では出にくい
繊細な味、香りの違いを確かめながら、
味わいづくりをしています。

煎りたての茶葉を

茶葉を煎ってから10分以内に
緑茶を抽出する
“「新・煎りたて抽出」製法”を採用。
煎りたての茶葉を抽出することで
コクと香りを鮮明に引き出します。

04

自然抽出

無香料・無調味

お~いお茶は、急須に茶葉とお湯を入れて
お茶をいれる、ご家庭と同じ方法でいれることで
素材そのままのおいしさをお届けしています。
通常の急須でいれるお茶の葉は、
一煎目、二煎目、三煎目と
それぞれの味わいを
お好みで愉しめるようにつくられていますが、
お~いお茶はその時の気温や
気候に合わせて抽出した
一煎目のみを使用しています。

世界初*
急須式抽出機

急須の味わいを実現するため、
世界初*の急須式抽出機を開発しました。
その日の気温や天気などに合わせ
温度、時間、角度を人の目で確認しながら調整し、
おいしいところだけを丁寧に抽出しています。
*1985年緑茶飲料として

クリアだから、
おいしい

抽出液中に含まれる茶粒子や浮遊物は、
お茶を酸化させる原因や
雑味のもととなります。
お~いお茶は、抽出液をマイクロフィルターで
ろ過することで、余分な雑味などを取り除き、
お茶の香りとおいしさをさらに引き出し、
いれたての鮮度を保持しています。

酸素量を極限まで
減らし
を守る

お茶は酸素に触れることで
風味を損ねてしまいます。
お~いお茶は、お茶の抽出液中の酸素量を
極限まで抑える
「新・フレッシュ無酸素充填」製法を開発。
緑茶の大敵である酸素を、
液中からもペットボトル
からも
できるだけ取り除き、鮮度を守っています。

05

ペットボトル容器

を守る
新型容器採用

新型容器「新・鮮度ボトル」を採用。
パッケージラベルで守りきれない
肩部をカット形態にし、
緑茶が劣化する原因の一つである「光」を
乱反射させることで、
中身のおいしさを守ります。

お~いお茶発売
30周年記念サイト

お~いお茶世界 お~いお茶世界

もっと見る

商品ラインアップ

もっと見る

2019.10.01
コーヒーの日

コーヒーの
湯気と吐息が
まじりあう

長崎県 森内 香緒里(16歳)

2019.10.02
豆腐の日

やわらかい
母の手が切る
新豆腐

北海道 増井 今日子(17歳)

2019.10.03

イケメンの
案山子雀の
群がりて

大阪府 藤岡 初尾(70歳)

2019.10.04
イワシの日

オホーツクを
引っぱっている
鰯網

神奈川県 岡 佐恵子(53歳)

2019.10.05
レモンの日

明るくて
太陽みたい
君は檸檬

埼玉県 上村 早輝(15歳)

2019.10.06

逆上がり
背中に羽つけ
もう一度

東京都 馬場 萌未(11歳)

2019.10.07
シャツの日

Yシャツの
ボタンに想いも
縫い付ける

兵庫県 井上 綾子(32歳)

2019.10.08
木の日

いにしえの
記憶を語る
老樹たち

東京都 和田 太郎(20歳)

2019.10.09
トラックの日

トラックが
信号の色
変えて行く

神奈川県 大眉 文恵(21歳)

2019.10.10
トマトの日

「好きです」と
トマトになってる
君がいる

静岡県 上野 隼哉(16歳)

2019.10.11

秋の風
稲のにおいが
交ってる

三重県 中野 愛理(11歳)

2019.10.12

学校は
イチョウの雨が
ふっている

愛媛県 重藤 遥(11歳)

2019.10.13
サツマイモの日

さつまいも
きると日の色
おいしそう

大阪府 今﨑 雄大(13歳)

2019.10.14
体育の日

徒競走
やる気だけなら
一等賞

北海道 前川 聖弥(14歳)

2019.10.15
きのこの日

氣が付けば
西日も背おい
きのこ採り

埼玉県 久田 菊千代(76歳)

2019.10.16

くりごはん
食べたらほらね
秋がきた

大阪府 中島 由喜(14歳)

2019.10.17

紅葉と
川の流れが
まざりあう

愛媛県 村上 舞華(12歳)

2019.10.18

秋の木は
茶色と黄色の
ワンピース

大阪府 米本 冴希(11歳)

2019.10.19

ひこうきの
おなか真っ白
秋の空

神奈川県 須田 裕夢(5歳)

2019.10.20
まごの日

孫来れば
ジジババぱっと
若返り

広島県 上原 敏子(51歳)

2019.10.21
あかりの日

授業中
私のひらめき
豆電球

東京都 内田 藍里(10歳)

2019.10.22

しんまいが
きらきらひかる
かまの中

栃木県 木村 菜絵(7歳)

2019.10.23

晴れわたる
空にかけ橋
鳥わたる

兵庫県 岸原 有希(14歳)

2019.10.24

どんぐりで
ポケット膨らむ
子供達

静岡県 広崎 直子(34歳)

2019.10.25

天高し
動かぬ雲を
ふっと吹く

新潟県 塚本 弘(83歳)

2019.10.26
柿の日

ほしがきの
のれんがかぜを
あまくする

秋田県 今井 由佳(8歳)

2019.10.27
読者週間

うたた寝の
本の続きを
風が読む

青森県 濱山 哲也(45歳)

2019.10.28

大家族
ぶどうはみんな
仲良しだ

千葉県 高橋 陽菜(9歳)

2019.10.29

ちょっとだけ
鳥になったよ
二重飛び

埼玉県 星野 雄哉(10歳)

2019.10.30
香りの記念日

香水を
変えてひとつの
恋終わる

静岡県 伊藤 ひろみ(26歳)

2019.10.31
ハロウィン

ハロウィンの
街に響く
魔女の声

神奈川県 伊藤 由里子(13歳)

公式ページ

キャンペーン

環境への取り組み

もっと見る

安心安全へのこだわり

もっと見る

pagetop