01

原料茶葉

お~いお茶専用に
茶葉を栽培

お~いお茶は、国産茶葉のみを使用するとともに、
各地の茶農家の方々の協力のもと、
時には地元の市町村や事業者と一緒になって
耕作放棄地を整え、お茶の樹を植えた
お~いお茶専用の茶園にて
茶葉を栽培していただいています。

茶産地育成事業

原料茶葉から
味わいづくり

「お~いお茶専用茶葉」は、
じっくり、ゆっくりお茶の葉が開くため、
余計な雑味が出ず、
おいしいところだけがしっかりと抽出できます。
そのため、過剰なろ過をすることなく、
金色透明のきれいな液色と、
お茶の葉本来の旨みと香りのつまった
味わいに仕上がります。

02

荒茶加工(一次加工)

加工時間を
1/2に短縮し、
を保つ

茶葉は摘採後すぐに、保存に耐えられるよう
“荒茶加工(一次加工)”を施し、乾物状態にします。
通常の茶葉は
荒茶加工の中で長い時間揉み続けられるため、
茶葉の組織は破壊され、鮮度は低下してしまいます。
鮮度を保ち、余計な雑味のない味わいを引き出すため、
お~いお茶は揉み工程の一部をはぶき、
荒茶加工の時間を従来の1/2に短縮しています。

茶葉の特長を
生かしたブレンド

いつ飲んでも、同じ「おいしさ」を
お客様のもとへ届けるため、
お~いお茶で使用している茶葉は、
荒茶(一次加工後の茶葉)段階で
茶葉の味わいを見極め、
数ある原料茶葉を
最適な配合でブレンドしています。

03

火入れ(仕上げ加工)

伊藤園のお茶職人が
仕上げる茶葉

原料茶葉の香りと味わいを高めるために行う
仕上げ工程を“火入れ”と呼びます。
お~いお茶では、「新・後火仕上げ製法」と呼ばれる、
伊藤園の“茶師”が長年の経験を活かして、
茶葉の色や形状、蒸し方、産地などの
特徴を見極めながら、
火入れの温度や時間を微妙に調整し、
検査機器では出にくい
繊細な味、香りの違いを見極めて、
味わいづくりをしています。

煎りたての茶葉を

茶葉を煎ってから10分以内に
緑茶を抽出する
“「新・煎りたて抽出」製法”を採用。
煎りたての茶葉を抽出することで
コクと香りを鮮明に引き出します。

04

自然抽出

無香料・無調味

お~いお茶は、急須に茶葉とお湯を入れて
お茶をいれる、ご家庭と同じ方法でいれることで
素材そのままのおいしさをお届けしています。
通常の急須でいれるお茶の葉は、
一煎目、二煎目、三煎目と
それぞれの味わいを
お好みで愉しめるようにつくられていますが、
お~いお茶はその時の気温や
気候に合わせて抽出した
一煎目のみを使用しています。

クリアだから、
おいしい

抽出液中に含まれる茶粒子や浮遊物は、
お茶を酸化させる原因や
雑味のもととなります。
お~いお茶は、抽出液をマイクロフィルターで
ろ過することで、余分な雑味などを取り除き、
お茶の香りとおいしさをさらに引き出し、
いれたての鮮度を保持しています。

酸素量を極限まで
減らし
を守る

お茶は酸素に触れることで
風味を損ねてしまいます。
お~いお茶は、お茶の抽出液中の酸素量を
極限まで抑える
「新・フレッシュ無酸素充填」製法を開発。
緑茶の大敵である酸素を、
液中からもペットボトル
からも
できるだけ取り除き、鮮度を守っています。

05

ペットボトル容器

を守る
新型容器採用

新型容器「新・鮮度ボトル」を採用。
パッケージラベルで守りきれない
肩部をカット形態にし、
緑茶が劣化する原因の一つである「光」を
乱反射させることで、
中身のおいしさを守ります。

商品ラインアップ

もっと見る

2018.09.01

うろこ雲
きっと魚の
忘れ物

神奈川県 中村 汐里(15歳)

2018.09.02宝くじの日

願掛けて
どこに置いたか
宝くじ

広島県 西浦 功二(28歳)

2018.09.03

蓑虫の
ごとくふとんを
巻いて寝る

大阪府 保村 拓克(15歳)

2018.09.04
クラッシック音楽の日

クラシック
ただ聴くだけで
生きている

福岡県 森 茂男(65歳)

2018.09.05

さといもが
ぬかれてなるかと
根を伸ばす

千葉県 渡辺 真由(12歳)

2018.09.06妹の日

妹が
ねえねと
よんでくれた朝

岩手県 石川 希羽(9歳)

2018.09.07

帰り道
キンモクセイの
風がふく

岐阜県 所 綾香(13歳)

2018.09.08

深呼吸
一つで変わる
景色かな

東京都 岡田 由紀(41歳)

2018.09.09九九の日

すれちがう
車のナンバー
九九にして

福島県 小檜山 桃実(8歳)

2018.09.10

ふくらんだ
えだまめ兄弟
ケンカ中

福島県 橘内 凜(11歳)

2018.09.11公衆電話の日

すず虫は
電話がいっぱい
大あわて

和歌山県 竹田 たくと(8歳)

2018.09.12マラソンの日

マラソンで
風とともに
走りきる

広島県 深水 小鉄(8歳)

2018.09.13

三日月を
ハンモックにして
恋ゆらら

千葉県 鈴木 そのみ(38歳)

2018.09.14コスモスの日

コスモスの
海に少女ら
合唱中

長崎県 川端 将太朗(18歳)

2018.09.15老人の日

じいちゃんの
まがった腰に
歴史あり

岩手県 白木澤 彩里(13歳)

2018.09.16

秋の夜
近くの草むら
ライブ中

宮崎県 高橋 孝尭(13歳)

2018.09.17敬老の日

秋の夜
祖父母が歩く
手をつなぎ

滋賀県 西 未羽(15歳)

2018.09.18

秋雨の
糸を手繰って
帰途に就く

東京都 江口 剛(35歳)

2018.09.19苗字の日

旧姓で
応えた電話に
実父笑う

三重県 田中 雪美(29歳)

2018.09.20空の日

子が生まれ
空と話した
日の記憶

大阪府 石原 由加里(33歳)

2018.09.21

秋が来る
先生はでな
服をきる

広島県 大石 直樹(12歳)

2018.09.22

知らぬ間に
隣に秋が
座っていた

愛知県 花井 遥(18歳)

2018.09.23テニスの日

テニス観戦
しんごうないのに
右左

愛知県 川端 裕也(11歳)

2018.09.24十五夜

名月に
あいさつしてから
取る団子

千葉県 鷲野 真実(14歳)

2018.09.25

秋刀魚焼く
匂いに空も
口あける

福岡県 小宮 将伍(20歳)

2018.09.26

数学と
退屈そうな
君と雲

東京都 住友 貴子(29歳)

2018.09.27

腕ずもう
父親越える
第一歩

宮城県 佐藤 祐輔(16歳)

2018.09.28

街中に
汽笛が響く
霧の朝

北海道 森越 珠鈴(16歳)

2018.09.29
クリーニングの日

子が産まれ
洗濯増える
喜びよ

愛知県 松永 美沙(30歳)

2018.09.30くるみの日

おばさんが
帰りに渡す
胡桃の実

埼玉県 入江 一嘉(17歳)

公式ページ

キャンペーン

環境への取り組み

もっと見る

安心安全へのこだわり

もっと見る

pagetop