01

原料茶葉

お~いお茶専用に
茶葉を栽培

お~いお茶は、国産茶葉のみを使用するとともに、
各地の茶農家の方々の協力のもと、
時には地元の市町村や事業者と一緒になって
耕作放棄地を整え、お茶の樹を植えた
お~いお茶専用の茶園にて
茶葉を栽培していただいています。

茶産地育成事業

原料茶葉から
味わいづくり

「お~いお茶専用茶葉」は、
じっくり、ゆっくりお茶の葉が開くため、
余計な雑味が出ず、
おいしいところだけがしっかりと抽出できます。
そのため、過剰なろ過をすることなく、
金色透明のきれいな液色と、
お茶の葉本来の旨みと香りのつまった
味わいに仕上がります。

02

荒茶加工(一次加工)

加工時間を
1/2に短縮し、
を保つ

茶葉は摘採後すぐに、保存に耐えられるよう
“荒茶加工(一次加工)”を施し、乾物状態にします。
通常の茶葉は
荒茶加工の中で長い時間揉み続けられるため、
茶葉の組織は破壊され、鮮度は低下してしまいます。
鮮度を保ち、余計な雑味のない味わいを引き出すため、
お~いお茶は揉み工程の一部をはぶき、
荒茶加工の時間を従来の1/2に短縮しています。

茶葉の特長を
生かしたブレンド

いつ飲んでも、同じ「おいしさ」を
お客様のもとへ届けるため、
お~いお茶で使用している茶葉は、
荒茶(一次加工後の茶葉)段階で
茶葉の味わいを見極め、
数ある原料茶葉を
最適な配合でブレンドしています。

03

火入れ(仕上げ加工)

伊藤園のお茶職人が
仕上げる茶葉

原料茶葉の香りと味わいを高めるために行う
仕上げ工程を“火入れ”と呼びます。
お~いお茶では、「新・後火仕上げ製法」と呼ばれる、
伊藤園の“茶師”が長年の経験を活かして、
茶葉の色や形状、蒸し方、産地などの
特徴を見極めながら、
火入れの温度や時間を微妙に調整し、
検査機器では出にくい
繊細な味、香りの違いを見極めて、
味わいづくりをしています。

煎りたての茶葉を

茶葉を煎ってから10分以内に
緑茶を抽出する
“「新・煎りたて抽出」製法”を採用。
煎りたての茶葉を抽出することで
コクと香りを鮮明に引き出します。

04

自然抽出

無香料・無調味

お~いお茶は、急須に茶葉とお湯を入れて
お茶をいれる、ご家庭と同じ方法でいれることで
素材そのままのおいしさをお届けしています。
通常の急須でいれるお茶の葉は、
一煎目、二煎目、三煎目と
それぞれの味わいを
お好みで愉しめるようにつくられていますが、
お~いお茶はその時の気温や
気候に合わせて抽出した
一煎目のみを使用しています。

クリアだから、
おいしい

抽出液中に含まれる茶粒子や浮遊物は、
お茶を酸化させる原因や
雑味のもととなります。
お~いお茶は、抽出液をマイクロフィルターで
ろ過することで、余分な雑味などを取り除き、
お茶の香りとおいしさをさらに引き出し、
いれたての鮮度を保持しています。

酸素量を極限まで
減らし
を守る

お茶は酸素に触れることで
風味を損ねてしまいます。
お~いお茶は、お茶の抽出液中の酸素量を
極限まで抑える
「新・フレッシュ無酸素充填」製法を開発。
緑茶の大敵である酸素を、
液中からもペットボトル
からも
できるだけ取り除き、鮮度を守っています。

05

ペットボトル容器

を守る
新型容器採用

新型容器「新・鮮度ボトル」を採用。
パッケージラベルで守りきれない
肩部をカット形態にし、
緑茶が劣化する原因の一つである「光」を
乱反射させることで、
中身のおいしさを守ります。

商品ラインアップ

もっと見る

2018.07.01

太陽の
色をうけとる
プチトマト

兵庫県 長谷川 容子(17歳)

2018.07.02半夏生

酒蔵の
壁が呼吸する
半夏生

大阪府 村田 照枝(58歳)

2018.07.03

かぶと虫
少年の心
わしづかみ

埼玉県 髙橋 信行(15歳)

2018.07.04

クーラーを
かけずにがまん
エコ家族

東京都 和田 裕子(39歳)

2018.07.05

はしゃぐ声
プールの水面に
風すべる

山口県 辻野 可奈子(15歳)

2018.07.06

炎天下
野球帽子も
日焼けする

埼玉県 坪井 直人(12歳)

2018.07.07七夕

七夕に
こめた思いは
無限大

愛知県 広瀬 遼(12歳)

2018.07.08

ハンカチを
かざして見える
夏の風

東京都 比嘉 雅(34歳)

2018.07.09

ビー玉に
さかさにうつる
夏の色

福岡県 前田 有樹(13歳)

2018.07.10

夏祭り
花火じゃなくて
私見て

愛媛県 小浜 智美(17歳)

2018.07.11

蚊帳吊りて
昭和の中に
入り込む

大阪府 中島 俊樹(54歳)

2018.07.12

金魚から
夏の話を
聞いている

青森県 熊谷 萌(12歳)

2018.07.13

山頂で
眺めた夜景
小宇宙

東京都 大場 光洋(17歳)

2018.07.14

勉強を
しない理由は
セミの歌

愛知県 山下 貴民(16歳)

2018.07.15

弟に
一人じめされてる
せんぷうき

福島県 福田 直央(9歳)

2018.07.16海の日

きらきらと
空に求婚
してる海

神奈川県 南村 しげる(37歳)

2018.07.17

朝顔や
夢を求めて
ツルのばす

山形県 工藤 京子(17歳)

2018.07.18

端っこを
たぐってみたい
今日の虹

福岡県 中村 華子(16歳)

2018.07.19

浜日傘
きらりとのびた
長い脚

東京都 望月 緑風季(17歳)

2018.07.20Tシャツの日

ずぶぬれの
Tシャツしぼる
虹の下

大阪府 野口 佳織(14歳)

2018.07.21

少年が
夏といっしょに
脱いだシャツ

奈良県 勝井 慧(16歳)

2018.07.22下駄の日

遠ざかる
祭りの匂い
下駄の音

山口県 甲斐 和雅(30歳)

2018.07.23文月ふみの日

母の手紙
ポツリと涙の
感嘆符

大阪府 伊藤 貴代志(25歳)

2018.07.24

夏みかん
はじける光は
青春だ

新潟県 山賀 優佳(14歳)

2018.07.25かき氷の日

太陽に
負けずと食べる
かき氷

茨城県 岡山 政伸(13歳)

2018.07.26

父が子に
水鉄砲で
仲直り

東京都 宮下 亀彦(69歳)

2018.07.27スイカの日

スイカ切る
そのしゅんかんに
もう夏だ

茨城県 大橋 常晃(16歳)

2018.07.28

おじぎ草
あやまられたので
あやまった

和歌山県 谷口 優子(13歳)

2018.07.29

描きかけの
夏空がある
祖父の部屋

福岡県 吉良 修(40歳)

2018.07.30

打水で
道路に出来る
世界地図

福島県 齋藤 加奈子(17歳)

2018.07.31

風鈴が
空気の色を
変えてゆく

北海道 山内 理恵子(15歳)

公式ページ

キャンペーン

環境への取り組み

もっと見る

安心安全へのこだわり

もっと見る

pagetop