ニュースリリース

このページを印刷する
商品

2022年3月10日

日本の農業・農畜産物を未来に繋ぐJA全農と伊藤園の

「ニッポンエールプロジェクト」共同開発製品

「ニッポンエール 長野県産りんご」

3月14日(月)新発売

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、全国農業協同組合連合会(代表理事理事長:野口栄 本所:東京都千代田区、以下 JA全農)が推進する国内農業支援の取り組み「ニッポンエールプロジェクト(以下 本プロジェクト)」製品としてJA全農と共同で開発した、りんごの爽やかな香りと味わいが楽しめる「ニッポンエール 長野県産りんご(280g)」(清涼飲料水/果汁10%未満)を314日(月)に新発売します。

本プロジェクトは、「全国から届けられる日本産のたべものに、そしてニッポンに、ここからエールをおくろう」というコンセプトのもと、JA全農と伊藤園および販売先が協力して、国産農畜産物のPRやキャンペーン等を展開し、商品を通じて産地を応援していこうという活動です。

リーフ製品の販売から事業を始め、現在では茶系飲料や野菜飲料などの販売を手掛けており、国内農業とも密接に関わっている当社は、国産農作物のおいしさや質の高さをより多くの方に広めていきたいというJA全農の想いに共感し、農業の持続可能な発展のために、本プロジェクトに参画しました。

これまでに昨年6月に発売した「ニッポンエール 宮崎県産日向夏」を皮切りに、「同 大分県産完熟かぼす」「同 沖縄県産完熟シークヮーサー」を発売しており、消費者の皆様のご支持に加え、産地の皆様からも多くの喜びの声を頂戴しています。

日本の農業就業者は過去20年間で半減し、農業最前線では高齢化の加速やコロナ禍による販売の伸び悩みといった課題が山積しています。りんご収穫量全国第二位を誇る長野県のりんご農家も同様で、自然災害による甚大な被害や後継者不足などを要因に廃業せざるを得ない農家が少なくなく、2020年のりんご生産量は20年前に比べて2割以上減っています。

そこで当社は、「ニッポンエール 長野県産りんご」の展開を通じて、改めて長野県産りんごのおいしさと魅力を全国にお届けすると共に、生果の販売拡大にも貢献することで、長野県のりんご農家を応援したいと考えています。


当社はJA全農との共同開発製品の販売を通じて、日本の農業と消費者を結ぶ架け橋となり、国産農畜産物の認知と消費拡大に貢献してまいります。


≪製品概要≫ 
製品名「ニッポンエール 長野県産りんご」

品名容量・容器

希望小売価格 税込

希望小売価格(税別)

発売日販売地域
業態

清涼飲料水

280g
ペットボトル

130円
(120円)
3月14日(月) 全国
自動販売機

★製品パッケージ側面に記載のQRコードから「ニッポンエール プロジェクト」専用サイトにアクセスし、プロジェクトの内容や製品情報、生産者の様子などをご覧いただけます。本製品専用ページは3/14よりご覧いただけます。(https://www.zennoh.or.jp/nippon-yell/project/

前のページに戻る