ニュースリリース

このページを印刷する
サステナビリティ

2022年3月9日

経済産業省が“優良な健康経営を実践している法人”を顕彰する制度

健康経営優良法人2022 ~ホワイト500~に認定

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、3月9日(水)、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人(大規模法人部門)2022 ~ホワイト500~」の認定を受けました。


健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。


本認定には「経営理念・方針」「組織体制」「制度・施策実行」「評価改善」の4つの基準が設けられており、当社は「情報開示・他社への普及」の項目や「目標設定、健診・検診の活用」といった項目が高く評価されました。

 

当社は、社員の健康保持・増進に対する方針として「健全かつ安全な職場の維持」を掲げています。そのなかで「労働法令や社内規程を遵守し、健全で健康的に働くことができる職場環境をつくり、風通しの良い企業風土の確立に努めます」という全社員の行動基準を定めており、この行動基準を踏まえ、社員と家族の健康保持・増進に向けた取り組みを行っています。

 

当社は、長期ビジョン「世界のティーカンパニー」に向けて持続的な成長を図るため、引き続き「伊藤園グループ いきいき健康宣言」(※)に基づいて、社員一人ひとりが健康で活き活きと働くことができる取り組みを強化してまいります。

 

 

(※)伊藤園グループでは、社員等の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に実践する「健康経営」の観 点から、社員の健康保持・増進の支援体制を強化するとともに社員自身の健康に関する意識を高めるため、2021年5月1日に「伊藤園グループ いきいき健康宣言」を策定しています。

詳細については右記をご参照ください https://www.itoen.co.jp/csr/labour/kenkousengen/

前のページに戻る