ニュースリリース

このページを印刷する
経営

2020年8月20日

大阪府阪南市民の健康づくりを応援!

阪南市と「連携と協力に関する協定」を締結

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、大阪府阪南市と阪南市民の健康づくり推進等のための「連携と協力に関する協定」を818日(火)に締結しました。

左から:阪南市副市長 金田透様・阪南市商工会 専務理事 出口尚暢様・
阪南市長 水野謙二様・株式会社伊藤園 東近畿地区営業部長 西優徳

阪南市では、市民の健康づくりの推進に向けた取組みなどを通じて、市民のより一層の健康的な生活の実現を図っています。今回、当社の地域密着での活動やお茶をはじめとする自然で健康をサポートする製品をご評価いただき協定締結に至りました。協定には市民の健康づくりの他、災害対策に関すること、環境対策に関することも含まれ、国際社会の共通目標である持続可能な開発目標(SDGs)にも取り組みます。

当社は創業以来、人々の生活に潤いと健康を届けるため、「自然」「健康」「安全」「良いデザイン」「おいしい」という5つのコンセプトのもと製品づくりに取り組んでいます。そして、「健康」に配慮した製品をラインアップした自動販売機を「ウェルネス自販機®(※)と位置付け、オフィスロケーションなどで差別化した設置をご提案しています。人生100年時代に向けて、お客様の健康意識向上のきっかけとなり、設置先のお客様からは「健康維持による活力サポートとなる」「組織の活性化につながる」など、お声をいただいています。

今回、阪南市とは健康をサポートする「ウェルネス自販機®」の展開を通じて、利用される方の健康的な生活の実現に協働でチャレンジするとともに、市内の災害対策や環境対策にも地域密着で積極的に取り組んでまいります。

(※)様々な飲用シーンや目的に対応した、ペットボトル・缶・紙パックのパーソナルサイズ容器に対応している自販機

前のページに戻る