ナビゲーションをスキップ

お〜いお茶 新俳句大賞

the results of 28th


  • お〜いお茶 新俳句大賞TOP
  • 第二十八回

お〜いお茶新俳句大賞 > 各部門 大賞

 

第二十八回 お〜いお茶新俳句大賞

各部門 大賞

小学生の部(幼児含む)大賞応募総数 547,746句

プールあと体が地球にへばりつく

東京都  澤田 啓汰  9歳


作者より

とても暑い日にザバーンとプールの中にとびこんで、たくさん遊んだ後、プールから出る。すると急に体が重くなる。そして、ね転がって目をつぶると冷えていた体が温められて地面にすいついていく。あれが最高に気持ちいいんだ!と思いながら作りました。

選評

プールで精一杯泳いだ後、もう全身綿のように疲れて、なんとかプールサイドに上がったものの、そのまま地面に倒れこんでしまう。両手両足を大の字に伸ばし、うつ伏せのまま、地面にしがみつくようにして、しばらく息を弾ませています。さて、体を立ち上げようとしても、体がいうことを聞きません。なんだか体は、地球にへばりついてしまったような気がしてくるのです。いやもう参ったまいったの感じが出ています。

中学生の部大賞応募総数 416,967句

夏帽子深くかぶって地面蹴る

愛知県  日浦 舞音  14歳


作者より

夏休みの昼ごろ、家の近くで散歩していたら、一人の男の子が走っていました。その男の子の顔は帽子で隠れてあまり見えませんでしたが、両手でしっかり持ったプールバッグと全力で走る姿を見て、その男の子のはしゃいでいる顔を思い浮かべて、この句を作りました。

選評

夏休みの一日でしょうか。友達との間で、何か気まずいことがあったのかもしれません。そのことを、いつまでもくよくよと思い悩んでいるようです。でもそんな自分の姿を、人前に見せたくはありません。かぶっている夏帽子で顔をかくすように深くかぶり直して、地面を強く蹴って走っています。友達とのいさかいにはいささかの悔いと、自己嫌悪の思いが混じっているようです。まこと青春時代は、胸に棘さすことばかりですね。そんな印象を受ける句です。

高校生の部大賞応募総数 759,883句

今日も鍋だまって食べる平和主義

福岡県  柴田 さくら  18歳


作者より

夕食が昨日も今日も鍋だけど、「母がせっかく作ってくれたのだから」と感謝しながら、文句も言わずに食べるという気持ちを俳句にしました。

選評

学校の寮にでも暮しているのかもしれません。団体生活だと鍋料理がもっとも無難で、安上がりな上に結構味も悪くない。それでも毎日となると、さすがに飽きてきます。なんとかならないかと文句のひとつも付けたくなってきています。だが、それを言ってはおしまいですから、そこは我慢して平和主義で行きましょうと、自分に言い聞かせています。もしかしたら家庭でも一緒かもしれませんね。「今日も鍋、明日も鍋」とでも歌いましょうか、の気持ち。

一般の部A(40歳未満)大賞応募総数 60,022句

手長猿秋天ひょいと掴みとる

大阪府  鎌田 亜也子  37歳


作者より

去年の秋、京都の動物園に子供たちを連れて行った秋晴れの日、いろいろな猿がいましたが、手長猿が檻の中狭しと長い手を動かしているのを見た。子供と同じ目線でみると、猿と空しか見えず、猿が秋の空を掴みとったように見えたことを作品にしました。

選評

手長猿は、その長い猿臂をのばして、自分の欲しいものを、わけもなくつかみ取ります。ある秋の日。手長猿は、透明に晴れ渡った秋天に、じっと見入っていました。大分秋天が気に入ったようです。そうなるといつもの癖で、長い手で、その秋天をひょいとつかみ取ろうとします。もちろん、空を切るばかりなのですが、手長猿にしてみれば、なんだなんにもないじゃないかと嘯いているのかも知れません。その表情が見えるようです。

一般の部B(40歳以上)大賞応募総数 70,508句

汐干狩家族平行四辺形

愛知県  水野 大雅  42歳


作者より

家族連れで賑わう汐干狩は、家族の様子が自然と出てきます。この句は、四人家族の位置を点として見ると、平行四辺形になっていたことを父である私が発見した句です。家族がばらばらに、夫婦・親子関係が平行線のままになっていると見えるかもしれませんが、平行四辺形だけに、どこかでバランスが取れているのかもしれません。

選評

好天の春の一日。汐干狩に、家族揃って出かけました。遠浅の浜辺で、思い思いに散らばっているのですが、ふと気がつくと、いつも家族は、お互いが見えそうな場所で、それぞれ浅利や蛤などを採っています。すこしいびつな平行四辺形の範囲の中で、時々移動しながら動いているのです。別に事前に打ち合わせたわけでもないのに、本能的な血の絆が、そんな行動を自然にとらせたのかも知れません。着眼が面白いです。

第二十八回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 各部門受賞者
優秀学校賞 英語俳句の部 佳作特別賞その3 佳作特別賞その2 佳作特別賞その1 佳作特別賞 都道府県賞 後援団体賞 審査員賞 一般の部B(40歳以上) 一般の部A(40歳未満) 高校生の部 中学生の部 小学生の部(幼児含む) 優秀賞 各部門大賞 文部科学大臣賞